DMを自動送付できるビジネスアプリを提供開始

デジタルとリアルの媒体を組み合わせたデジタルマーケティング施策を加速

 

 大日本印刷株式会社(以下:DNP)は5月30日、株式会社セールスフォース・ドットコムが提供するデジタルマーケティングソリューション「Salesforce Marketing Cloud」上で稼働し、ダイレクトメール(DM)を自動的に送付できるアプリ「DNPパーソナライズドオファーサービス」の提供を開始しました。

 このサービスは、生活者の嗜好に合わせたDMの生成と、最適なタイミングでのDMの自動送付を可能にするもので、セールスフォース社の顧客や開発者が形成する「Salesforce(R)エコシステム」の利用企業が導入できます。

【サービス提供の概要】

 デジタルデータや各種情報機器を活用したデジタルマーケティングを行う企業が増えるなかで、顧客獲得競争も激化しており、電子メールやWeb広告等のデジタル施策だけで、自社の製品・サービスを生活者に強く印象づけることが困難になってきています。一方、生活者が自発的にDMなどのリアルな紙メディアの受け取りを選べるようになっており、企業が情報を届ける手法が広がっています。

 「DNPパーソナライズドオファーサービス」は、生活者の嗜好や最適なタイミングを見極めて、DMを自動的に送付するビジネス用のアプリです。当サービスの利用によって、企業はデジタル施策とリアルな紙メディアを融合したマーケティング施策が可能となります。

 本アプリは、セールスフォース社が提供するビジネスアプリケーションマーケットプレイス「AppExchange」にて提供します。

 ◇参考画像[1]は添付の関連資料を参照

○想定している活用シーン

(1)生活者の属性情報に基づいてパーソナライズ化したDMを送付

 一人ひとりの嗜好などに合わせてパーソナライズ化したデザインのDMを送付することで、顧客ロイヤルティの向上につなげることができます。

(2)休眠顧客の掘り起こしに向けてDMを送付

 DMは電子メール等よりも発信頻度が低いため、開封率と閲覧率が高まる傾向にあり、普段はその企業の製品・サービスを利用していない休眠顧客の掘り起こし効果も期待できます。

(3)年齢等の顧客属性に応じたデジタル・リアル施策の使い分け

 電子メールやWeb広告等のデジタル施策でアプローチできていない生活者に、個々の識別用のQRコードをつけたDMを送付します。このQRコードを利用して、企業サイトにアクセスしたりすることなどによって、一人ひとりに合わせたコミュニケーションが可能になります。

 ◇参考画像[2]は添付の関連資料を参照

○株式会社セールスフォース・ドットコム

・常務執行役員 アライアンス本部 本部長 井上靖英様のコメント

 「パーソナライズド・コミュニケーションを実現するために、ファネルマーケティング(*)活動にデジタルとアナログ/リアルを組み合わせて展開していくことは大きな価値があります。そのニーズについては、以前からSalesforce Marketing Cloud導入企業から問い合わせや要望を多数いただいておりました。今回大日本印刷様が、そのニーズに応える『DNPパーソナライズドオファーサービス』の提供を開始することで、AppExchangeマーケットがより一層活性化し、Salesforce Marketing Cloudユーザの利便性が高まることを心から期待しています。」

 *ファネルマーケティング:漏斗(ファネル)を通っていくように、多くの見込み客が、購入検討〜商談〜成約へ進むなかで、徐々に少数になっていくようなマーケティング手法。

■価格(税抜)

 ビジネスアプリ「DNPパーソナライズドオファーサービス」の利用料:月額50万円

 ※DMのデザインや制作の費用、印刷費や郵券代等は別途必要です。

 なお、DNPは本サービスのデモンストレーションを下記展示会のDNPブースで実施します。

 ◇表資料は添付の関連資料を参照

 

 リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像[1]

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0510884_01.png

参考画像[2]

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0510884_02.png

表資料

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0510884_03.png