2019 年度アクセラレータープログラム「NTT EAST ACCELERATOR PROGRAM LIGHTnIC」の開始について

〜地域の社会課題解決に向けた事業共創〜

 

 ■NTT 東日本は、2019 年度アクセラレータープログラム「NTT EAST ACCELERATOR PROGRAM LIGHTnIC(以下、本プログラム)」を、2019 年 5 月 20 日より開始しました。加えて、本プログラムのエントリーサイトを開設し、事業共創を行うパートナー企業を 6 月 24 日まで募集します。

 ■なお、NTT東日本は2017年度からアクセラレータープログラムによるオープンイノベーションの取り組みを実施しております。また、本取り組みにて協業したパートナー企業のサービスは、NTT 都市開発株式会社が 2019 年 4 月にオープンした「LIFORK Lab」(※)へ導入しており、実際に体験することが可能です。

 ※「LIFORK Lab」は、NTT都市開発株式会社が2018 年4 月に立ち上げたシェアオフィス事業「LIFORK」が展開する、未来の働き方の実験の場です(詳細は、LIFORK 公式 HP< https://lifork.jp/ >をご参照ください)。

1.背景と目的

 本プログラムは、NTT 東日本が持つビジネスやアセットに対し、先端技術やサービスを活用し、新たな付加価値を目指すイノベーションプログラムです。

 NTT 東日本は、2017 年 5 月より社内の若手有志により新規事業創出ワーキングを発足し、これまで 6 件のテストマーケティングと 6 社との協業を実施しています。

 2019 年につきましては、本取り組みの強化を目的に、様々な企業が応募できるエントリーサイトを開設し、より広く募集してまいります。

 また、協業しているパートナー企業のサービスを体験いただくことを目的に、NTT 都市開発が 2019 年 4 月にオープンした「LIFORK Lab」に各サービスを導入しており、実際にご利用いただくことが可能です。

<本取り組みと協業のイメージ>

 *添付の関連資料を参照

 *以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

本取り組みと協業のイメージ

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0510456_01.pdf

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0510456_02.pdf