土砂災害を疑似体験可能なVRコンテンツの提供を開始

〜全国初 大学・自治体と共同開発した災害体験・訓練用VR〜

 

 株式会社理経(本社:東京都新宿区、代表取締役社長 猪坂 哲、以下 理経)は、東広島市消防局および広島大学と共同開発した、バーチャルリアリティ(以下、VR)を活用した土砂災害体験・訓練用コンテンツの提供を開始いたします。

 新製品は、平成30年7月に発生した西日本豪雨災害における東広島市消防局と広島大学防災・減災研究センターの研究を活用し、土砂災害発生に起こり得る事象をVR空間上で再現しました。豪雨による土砂災害を対象とした、大学・自治体・民間企業の共同開発としては全国初の災害体験VRとなります。

【製品概要】

○避難体験VR「土砂災害」〜平成30年7月西日本豪雨災害から学ぶ〜

 西日本豪雨の土砂災害発生前から災害発生に至るまでの気象状況および住宅付近の状況を再現し、災害の疑似体験をすることで、避難のタイミングなどについて体験・学習することができます。

 ※参考画像は添付の関連資料を参照

 VR体験のサンプル映像は下記よりご覧いただけます。

 サンプル映像:https://www.youtube.com/watch?v=CH8zipzKBkQ&feature=youtu.be

 ※以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0510367_01.jpg

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0510367_02.pdf