アプリ開発のAI人材の育成にAWS DeepRacerを採用

強化学習の手法を競うレーシングカーの社内レースを定期的に実施

 

 大日本印刷株式会社(本社: 東京 社長: 北島義斉 資本金: 1,144億円 以下:DNP)は、アマゾン ウェブ サービス(以下:AWS)の提供する18分の1サイズの自動走行型レーシングカー「AWS DeepRacer」と、3D シミュレーターでレーシングカーのAI(人工知能)学習ができる「AWS DeepRacer コンソール」を活用した、アプリケーション開発エンジニアの育成を開始します。

【アプリケーション開発エンジニア育成開始の背景と内容】

 DNPはセールスプロモーションやコンタクトセンター業務等でAIを活用した各種ソリューション開発を行っており、これまでIT分野での研究者や、適切なクラウド環境を設計・構築するクラウド・アーキテクトなどの人材育成を推進してきました。今回、DNPの企画や開発・運用などのさまざまな部門にて、一定の環境下で、AIが試行錯誤を通じて自律的に学習する「強化学習」を理解するツールとして「AWS DeepRacer」を採用することによって、DNP内や得意先企業向けのサービス開発の現場でAIを活用できる人材を育成していきます。

【「AWS DeepRacerリーグ」への参加について】

 DNPは、2019年にAWSがグローバルで開催する世界初のグローバル自走型レーシングリーグ「AWS DeepRacerリーグ」に参加します。また、AWS DeepRacerを活用したシミュレーションおよび実機によるDNP独自の社内レース「AWS DeepRacer GP(Grand Prix) Powered by DNP」を定期的に実施し、アプリケーションを開発するDNP社内のエンジニアが楽しみながらAIを学習できる環境を構築していきます。「AWS DeepRacer GP Powered by DNP」では、複数周のラップで競争するレースなど、「AWS DeepRacerリーグ」とは異なるルールのレースも実施します。

 *製品画像・参考画像は添付の関連資料を参照

【今後の展開について】

 DNPは今後、さまざまな空間をコミュニケーションのメディアとして活用していくノウハウなどを活かして、「AWS DeepRacer」専用のオリジナル・コースを作成し、社外のアプリケーション開発エンジニアに公開します。また、「AWS DeepRacer GP(Grand Prix) Powered by DNP」も公開し、アプリケーション開発エンジニア同士の技術交流の場を提供するほか、AWS DeepRacerの技術情報や関連するDNPの製品・サービスの情報発信、AI人材の提供などを積極的に進めていきます。

■アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 代表取締役社長 長崎忠雄様より

 「アマゾン ウェブ サービス ジャパンは、DNPが、AWS DeepRacerを活用してITプロフェッショナルの育成に本格的に取り組んでいくことを歓迎します。昨今、クラウドや、機械学習および人工知能(AI)への需要が高まってきています。政府が2018年6月に取りまとめた総合イノベーション戦略の中でも、『2025年までに、IT人材を年数十万人規模で育成・採用できる体制を確立する』とあるように、IT人材の育成は重要な課題であり、AWSも幅広く支援しています。今回、数多くの重要な社会インフラ基盤を提供しているDNPが、AWS DeepRacerを活用してオリジナルのコースを自社の技術で製作することで、社内のアプリケーション開発エンジニアが楽しみながら積極的にAIを学習できる環境が構築され、クラウド推進がさらに加速することを期待しています。」

 ※アマゾン ウェブ サービス、AWSおよびAWS DeepRacerは、米国その他の諸国における、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。

 ※ニュースリリースに記載された製品の仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

製品画像

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0510305_01.jpg

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0510305_02.jpg