訪日外国人との会話を支援する法人向けサービス「タッチで会話」の提供開始

-画面をタッチするだけの簡単コミュニケーション-

 

 株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)は、訪日外国人旅行者などとの会話によるコミュニケーションを支援する法人向けios対応タブレット(※1)アプリ「タッチで会話(R)」を、年額3万円(※2)から2019年5月22日(水曜)より全国で提供を開始します。なお、「タッチで会話」はお客様の課題解決を図るドコモの取り組み「トップガン(R)」(※3)プロジェクトの1つです。

 *参考画像は添付の関連資料を参照

 「タッチで会話」は画面上のアイコンや定型文をタッチするだけで、選択した外国語音声で該当の文章が発話され、日本語と外国語の文章が画面に表示されることにより、素早く確実にコミュニケーションが可能となるアプリです。画面に表示させるコンテンツはお客様ご自身で自由にカスタマイズいただけます。

 また、本アプリ1つで、日本語、英語、中国語、韓国語など最大27か国の言語をご利用いただくことが可能で、アイコンや地図画像なども設定できるため、従来言葉では伝えにくかった道案内なども、アプリに表示した地図などの画像の上に指で書き込みながら応対することができ、観光案内所の受付や飲食店・小売店の接客、病院の診察時など、さまざまなシーンで活用いただけます。

 今後ドコモは「タッチで会話」の提供により、増加する外国人観光客に対応する人手不足の解消と、地域経済活性化など社会課題解決に貢献してまいります。

 ※1 ios対応タブレット専用のアプリとなります。ios対応スマートフォンやAndroid OSには対応しておりません。

 ※2 1ライセンスあたり1年契約の場合30,000円/年、月額の場合3,000円/月。

 ※3 「トップガン」とは、「お客様」とドコモの「研究開発(R&D)」、「法人営業部門」が連携した三位一体のチームを形成し、お客様の課題解決をめざして、スピーディーに実証実験を行うプロジェクトです。

  > https://www.nttdocomo.co.jp/biz/special/topgun/

 *別紙は添付の関連資料を参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0510212_01.jpg

別紙

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0510212_02.pdf