日本初の国内全土をカバーした50cm解像度デジタル3D地図の販売を開始

 

 株式会社NTTデータ(以下:NTTデータ)と一般財団法人リモート・センシング技術センター(以下:RESTEC)は、日本全土をカバーするデジタル3D地図「AW3D(R)日本全国高精細3D地図」を2019年5月23日より販売開始します。

 本サービスは、50cm解像度の三次元情報に基づき、地図縮尺1/2,500相当の位置精度を持ちます。この精度の日本全土のデジタル3D地図整備は国内初の試みです。提供データは、地形データ、衛星画像、建物3Dデータから構成されます。

 今後NTTデータとRESTECは、AW3Dにおいて、国内における一層の衛星データの利用拡大、市場創出に取り組み、2022年度末までに50億円の売り上げを目指します。

【背景】

 NTTデータとRESTECはこれまで「AW3D(R)全世界デジタル3D地図(以下:AW3D)」を共同で提供してきました。

 AW3Dは、2014年に全世界の5m解像度デジタル3D地図を提供開始し、2015年には都市部などで最高50cmまで解像度を向上させ、これまでに世界115カ国以上・900プロジェクト以上で利用されています。

 日本国内では、無線ネットワーク・防災計画等のシミュレーション、航空機・ドローンの運行管理、都市・交通計画などにおいて、広域なデジタル3D地図の即時利用への要望が増加していました。こうした状況を受け、AIやクラウド等最先端技術の活用によりAW3D作成技術の高度化が進み、NTTデータとRESTECは「AW3D日本全国高精細3D地図」の販売を開始することとなりました。

 ※以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0510200_01.pdf