オフィスなどで菓子や飲料をキャッシュレスで購入できる

無人販売サービス「スマートマルシェ」を提供開始

〜職場環境の向上や、従業員の時間の有効活用に貢献〜

 

 ソフトバンク株式会社(以下「ソフトバンク」)は、オフィスや病院、工場、学校、ホテルなどで菓子や飲料、パン、日用品などをキャッシュレスで購入できる無人販売サービス「スマートマルシェ」の提供を、2019年5月22日から開始します。「スマートマルシェ」は設置費や運用費が不要のため、無料で導入していただけます。

 「スマートマルシェ」は、オフィスなどに専用の棚(※1)や冷蔵庫の他、セルフレジ用のタブレットおよび決済端末を設置することで、手軽に商品を購入できるサービスです。支払いは、交通系電子マネー(※2)とスマホ決済サービス「PayPay」に対応しています。現金で支払う従来の無人販売サービスと異なり、100円や150円などお釣りが不要な価格帯に縛られず、豊富な商品を取り扱うことができます。また各設置場所の売り上げデータは、セルフレジ用タブレットを経由してリアルタイムでクラウド上に集積されます。そのデータを基にソフトバンクが商品を発注するため、適切なタイミングで商品が補充されます。また、商品のラインアップは各設置場所のデータを基に見直され、最適化される仕組みになっています。

 働く環境によって、近くに売店がない、または売店へ行く時間が取れないなどのさまざまな制約があり、手軽に菓子や飲料などを購入したいという従業員のニーズが多くあります。ソフトバンクは、そのようなニーズがあるオフィスなどのマイクロマーケット(小規模商圏)へのソリューションとして、「スマートマルシェ」を開発しました。複数の企業で試験導入をした結果、多くの従業員にご利用いただき好評をいただきました。オフィスに「スマートマルシェ」を導入することで、豊富な商品をいつでもキャッシュレスで購入できるようになるため、職場環境の向上や、従業員の時間の有効活用などの効果が期待できます。

 「スマートマルシェ」のサービス名には、マルシェ(市場)に人々が集まって会話を楽しむように、このサービスが職場におけるコミュニケーションの活性化のきっかけになってほしいという思いが込められています。また、食品に限らず、今後さまざまな種類の商品を取り扱っていきます。ソフトバンクは「スマートマルシェ」の提供を通して、職場環境の向上や時間の有効活用、コミュニケーションの活性化などを図り、労働生産性の向上に貢献することを目指します。また今後、AI(人工知能)技術や各種データを活用し、さらなるサービス拡充を図っていきます。

 [注]

  ※1 ソフトバンクが提供する棚か、設置企業・団体側でご用意いただいた棚を利用していただけます。

  ※2 「Suica」「PASMO」「Kitaca」「TOICA」「manaca」「ICOCA」「SUGOCA」「nimoca」「はやかけん」に対応しています。

 *ロゴ・参考画像は添付の関連資料を参照

 *以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

ロゴ・参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0510182_01.JPG

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0510182_02.pdf