「ユニバーサルサービス料」改定に関するお知らせ

 

 株式会社ジュピターテレコム(J:COM、本社:東京都千代田区、取締役社長:井村 公彦)は、2019年7月1日より、「ユニバーサルサービス料」を改定します。

 電気通信事業法に定められた電話のユニバーサルサービス制度(*)の番号単価改定を総務省が認可したことに伴い、「J:COM PHONE」、「J:COM MOBILE」、「J:COM WiMAX 2+」などのサービスにご加入のお客さまへご負担をお願いしております「ユニバーサルサービス料」を、2019年7月ご利用分から以下のとおり1電話番号あたり月額3円(税込 3.24円)に改定いたします。

 *ユニバーサルサービス制度は、NTT東日本・西日本が提供する加入電話などのユニバーサルサービス(全国どこでも公平に、安定して利用できるサービス)の提供を確保するために必要な費用を、電話会社全体で応分に負担する仕組みです。

■ユニバーサルサービス料(1電話番号あたり)

 ○ユニバーサルサービス料

  ・現行(2019年6月30日まで): 月額2円(税込 2.16円)

  ・改定(2019年7月1日以降): 月額3円(税込 3.24円)

 

 ユニバーサルサービス料の対象サービスは次のとおりです。

 ・固定電話サービス・・・J:COM PHONE プラス、J:COM PHONE-i

 ・移動体サービス・・・J:COM MOBILE

 ・データ通信サービス・・・J:COM WiMAX 2+

■株式会社ジュピターテレコムについて < http://www.jcom.co.jp >

 株式会社ジュピターテレコム(本社:東京都千代田区)は、1995年に設立された国内最大手のケーブルテレビ事業・番組供給事業統括運営会社です。ケーブルテレビ事業は、札幌、仙台、関東、関西、九州・山口エリアの12社 71局を通じて約548万世帯のお客さまにケーブルテレビ、高速インターネット接続、電話、モバイル、電力等のサービスを提供しています。ホームパス世帯(敷設工事が済み、いつでも加入いただける世帯)は約2,164万世帯です。番組供給事業においては、17の専門チャンネルに出資及び運営を行い、ケーブルテレビ、衛星放送、IPマルチキャスト放送等への番組供給を中心としたコンテンツ事業を統括しています。※世帯数は2019年3月末現在の数字です。