TIS、アプリケーション開発をスピーディーかつセキュアに実現する「エンタープライズ向けコンテナサービス」を提供開始

〜DevSecOpsで開発にかかるコストと時間の最大50%削減を実現〜

 

 TISインテックグループのTIS株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役会長兼社長:桑野 徹、以下TIS)は、アプリケーション開発の効率とスピードの向上をセキュアに実現するDevSecOps(※1)に対応した「エンタープライズ向けコンテナサービス」( https://www.tis.jp/service_solution/container/ )を提供することを発表します。

 「エンタープライズ向けコンテナサービス」は、コンテナ技術(※2)を活用したアプリケーションプラットフォームをプライベート環境で利用できる企業向けの月額課金型サービスです。「高いセキュリティ」「高い可搬性」「簡単でスピーディなプラットフォームの用意」「マネージドサービスによる負担軽減」の4つの特長を持っています。

 本サービスを利用することで、専門知識なしにアプリケーションをセキュリティの脅威から守れるとともに、従来のウォーターフォール型のアプリケーション開発と比較して、開発にかかるコストと時間を最大50%に抑えられます。(TIS調べ)。

 *参考画像は添付の関連資料を参照

 Society5.0(※3)の実現に向けて、セキュリティ・バイ・デザイン(※4)をスピーディに実現するためにTISが展開する「クラウド&セキュリティサービスプラットフォーム」の主要なメニューとして本サービスを提供します。

 TISは、「エンタープライズ向けコンテナサービス」を本格的なDevSecOpsやコンテナ活用への取組みを検討している大規模システムを持つ企業を中心に提供していき、2022年までに10社への導入を目指します。

 ※1 DevSecOps:ITサービスにおける開発(Development)と運用(Operations)を一体化・協調させ、アプリケーション開発を迅速かつ頻繁に行う開発手法のDevOpsにセキュリティプロセスを組み込んだ概念。

 ※2 コンテナ技術:OS上に他のプロセスからは隔離されたアプリケーション実行環境を構築し、仮想的な動作環境をより少ないコンピュータリソースで実現する技術。

 ※3 Society5.0:内閣府が提唱する、狩猟社会(Society 1.0)、農耕社会(Society 2.0)、工業社会(Society 3.0)、情報社会(Society 4.0)に続く、新たな社会を指すもの。サイバー空間(仮想空間)とフィジカル空間(現実空間)を高度に融合させたシステムにより、経済発展と社会的課題の解決を両立する、人間中心の社会(Society)を指す。

 ※4 セキュリティ・バイ・デザイン:内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)を中心に提唱する「情報セキュリティを企画・設計段階から確保するための方策」。

 *以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0510125_01.png

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0510125_02.pdf