Apple、初の8コア搭載MacBook Proを発表、これまでで最も速いMacのノートブック

 

 ※参考画像(1)は添付の関連資料を参照

 Appleが、MacBook Proに従来よりも高速な第8世代および第9世代のIntel Coreプロセッサを搭載し、MacBook Proでは初となる8コア仕様としてアップデートしました。これにより、最新のMacBook Proはクアッドコア(4コア)仕様のMacBook Proに対しては最大2倍、6コア仕様のMacBook Proに対しては40パーセントも高速な処理能力を発揮し、Macノートブックとしては過去最速となります(1)。これらの新しいプロセッサと、パワフルなグラフィックス(描画性能)、明るく色鮮やかなRetinaディスプレイ、超高速なSSD、Apple T2セキュリティチップ、丸一日使い続けられるバッテリーを搭載し、macOSが駆動するMacBook Proは世界最高のプロ仕様ノートブックに仕上がっています。

 「教科課程を履修する大学生、世界トップレベルのアプリケーションを開発するデベロッパ、長編映画を制作するビデオエディターなど、当社のお客様がMacBook Proを使って取り組んでいることに私たちは常に驚かされています。このたび新たに8コアプロセッサを搭載して飛躍的にパフォーマンスが向上したMacBook Proは、圧倒的な美しさのRetinaディスプレイ、高速なストレージ、丸一日使い続けられるバッテリーを搭載した上で、macOSが駆動し、引き続き、世界最高のプロ仕様ノートブックの座に君臨します。最新のMacBook Proを使ったお客様の次の取り組みを見るのが待ち切れない思いです」と、AppleのMacプロダクトマーケティング担当シニアディレクター、トム·ボガーは述べています。

 ※参考画像(2)は添付の関連資料を参照

■プロの作業負荷に対応するために処理能力をパワフルに向上

 新しいMacBook Proでは、コードのコンパイル作業、高解像度イメージの処理、3Dグラフィックの描画、複数本の4Kビデオの同時編集などを従来よりもパワフルに行うことができます。15インチMacBook Proは従来よりも高速な6コアまたは8コアのIntel Coreプロセッサを搭載し、Turbo Boost時の速度は最大5.0GHzに達します。Touch Barを装備する13インチMacBook Proではより高速なクアッドコアプロセッサを搭載し、Turbo Boost時の速度は最大4.7GHzに達します。

 従来モデルで最速のクアッドコア仕様の15インチMacBook Proと比較した場合、8コアプロセッサを搭載する最新のMacBook Proのパフォーマンスは最大2倍に達します。この結果:

  ・音楽制作では、Logic Pro X内部で実行できるAlchemyプラグインの数が最大2倍になり、音楽プロジェクトで同時再生できるマルチトラックの本数が圧倒的に増加。

  ・3Dデザインでは、Maya Arnold内部の処理速度が最大2倍となり、3Dシーンの描画時間を著しく短縮。

  ・写真の編集では、Photoshopで適用する複雑な編集やフィルタを最大75パーセント高速に実行。

  ・ソフトウェア開発では、Xcodeを使用したコードのコンパイル作業を最大65パーセント高速に実行。

  ・サイエンスおよび研究分野では、TetrUSSで行う複雑な流体力学シミュレーションの計算を最大50パーセント高速に実行。

  ・映像制作では、Final Cut Pro Xで4Kビデオのマルチカムストリームを最大11本まで同時に編集。

 ※参考画像(3)は添付の関連資料を参照

 ※以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像(1)

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0510116_01.jpg

参考画像(2)

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0510116_02.jpg

参考画像(3)

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0510116_03.jpg

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0510116_04.pdf