デル テクノロジーズ、真のトランスフォーメーションとイノベーションを実現するストレージ、データ管理、データ保護の新しいソリューションを発表

データセンターをモダナイズ(最新鋭化)する新しいソリューション群が、破壊的テクノロジーの活用とデータ資本の価値最大化を実現

 

■ニュースの概要

 ・デル テクノロジーズ、AI(人工知能)やクラウドをはじめ、世界のITとビジネスを変革している今日の最も重要な破壊的テクノロジーのトレンドの基盤となるインフラストラクチャーを提供

 ・ストレージ、データ管理、データ保護の新しいソリューションが、データ資本の格納、保護、最大化に不可欠なパフォーマンス、アジリティー、スケーラビリティーを提供

 ・マルチクラウド時代を見すえて構築されている新しい「Dell EMC Unity XT」シリーズが、最大2倍のパフォーマンスと5:1のデータ削減率を実現

 デル株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長:平手智行、URL: http://www.dell.co.jp/ )と、EMCジャパン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:大塚 俊彦、URL: https://www.dellemc.com/ja-jp/ ):(以下、デル テクノロジーズ)は、本日、ストレージ、データ管理の新しいソリューションおよび強化ソリューションを発表しました。これらのソリューションは、企業が保有しているデータ資産に、直接インパクトを与えます。デル テクノロジーズは、これらのソリューションによって、企業が基本情報を保全するとともに、適応性、競争力、革新性を高めていくためのデジタル トランスフォーメーションの推進を支援します。

■一切の妥協を許さないストレージ システム「Dell EMC Unity XT」

 デル テクノロジーズは、ミッドレンジ ストレージ システム「Dell EMC Unity」の次世代バージョンを発表しました。この最新世代の「Dell EMC Unity XT」は、前世代よりも2倍高速(*1)で、最も近い競合製品との比較では67%の高速化を実現(*2)しています。また、データ効率も最適化されている最新世代は5:1のデータ削減率、85%のシステム効率を実現(*3)し、マルチクラウド時代を見すえて構築されています。「Dell EMC Unity XT( https://www.dellemc.com/en-us/storage/unity.htm )」は、パブリック クラウドで運用が可能で、データをシームレスにクラウドへ移行して、新しい「Dell EMC Cloud Storage Services」を通じてサービスとして利用することができます。さらに、「Dell EMC Unity」は検証済みデザインの一部として「Dell Technologies Cloud」の構成要素として運用することが可能です。

 パフォーマンスや効率の妥協を余儀なくされる競合他社の製品とは違い、「Dell EMC Unity XT」ストレージ アレイは、パフォーマンスと効率を一切損なうことがないように構築されています。新しい「Dell EMC Unity XT」プラットフォームは、アプリケーションの実行、ファイルの処理、インライン データ削減のブロックに必要なすべてのCPUパワーを提供しながら、オペレーショナル データサービスを提供し、これらのすべてを同時に行います。

 「Dell EMC Unity XT」は、NVMeに対応した最新鋭のアクティブ/アクティブ アーキテクチャーで、企業は投資効果を最大化しながらITトランスフォーメーションを進めていくことができます。

■「Dell EMC Isilon」が非構造化データの増加に対応

 自動運転のようなAIのユースケース、またメディア・エンターテインメント、医療といった業界におけるデータの爆発的増加に企業が対応できるように、デル テクノロジーズは、業界をリードするスケールアウトNASファミリー「Dell EMC Isilon」の大幅な機能強化を実施しました。「Isilon」の最新リリースは、卓越したスケーラビリティー、強化したクラウド統合能力とセキュリティーによって、最も高い要件が求められるファイル ワークロードをサポートします。

 「Isilon OneFS 8.2」( https://blog.dellemc.com/en-us/massive-storage-innovation-designed-data-era/ )は、最大75%向上したクラスター スケーラビリティーを実現します。クラスターあたり最大252ノードで、最大58PB、945 GB/sのスループットを実現します(*4)。これによって企業は、これまでにないほどのシンプルな環境で、より短期間で大規模にビジネスの成果を達成することができます。さらに、「OneFS 8.2」を基盤にする新しいハイブリッド スケールアウトNASストレージ プラットフォーム「Isilon H5600」( https://www.dellemc.com/en-us/storage/isilon/index.htm )が、高密度容量とパフォーマンスの最適なバランスを実現します。

■「Dell EMC Cloud Storage Services」がパブリック クラウドへのシームレスな接続を実現

 ディザスター リカバリー(DR)やテスト/開発、アナリティクスなど多様なユースケースについて、あらゆる規模の企業がオンプレミス インフラストラクチャーをパブリック クラウドへ拡張することに関心を寄せています。このようなニーズに応えるため、クラウド対応のインフラストラクチャー ソリューションのポートフォリオを拡張し、新しい「Dell EMC Cloud Storage Services」( https://blog.dellemc.com/en-us/take-control-cloud-strategy-data-first-approach/ )を提供します。

 「Cloud Storage Services」は、企業のデータセンターをクラウドへと拡張します。パブリック クラウド コンピュートに直接接続し、Dell EMCストレージをサービスとして提供します。これは、パブリック クラウドからデータセンター内の「Dell EMC Unity」、「Dell EMC PowerMax」、「Isilon」への高速な低レイテンシーの直接接続を提供するマネージド サービス プロバイダーを通じて実現します。企業は、パブリック クラウドとともに、持続性と永続性を備えたDell EMCストレージのメリットを手にしながら、マルチクラウドのアジリティー(俊敏性)を活用することができます。VMware導入企業であれば、「VMware Cloud on AWS」で自動化したDRaaS(サービスとしての災害復旧)ソリューションを活用することで、シームレスなエンタープライズ グレードの従量課金制DRをクラウドで利用することが可能になります。

■データセンター向けの「Dell Technologies Services」

 「Dell Technologies Services」は、企業がデル テクノロジーズへの投資から確実に最大限の価値を引き出すことをサポートするための最高クラスの補完サービスです。デル テクノロジーズのサービス エキスパートが提供する戦略ガイダンスおよびテクノロジーのノウハウによって、マルチクラウド環境全体を通じてストレージおよびデータ保護アーキテクチャーから短期間で価値を引き出すとともに、その効果を最大化することができます。

<価格と提供について>

■価格および提供開始時期

 ・「Dell EMC Unity XT」アレイは、2019年7月に一般提供開始予定です。

   価格は未定。

 ・「Isilon OneFS 8.2ソフトウェア」は、すでに提供を開始しています。

  価格は、個別見積もり。

 ・「Isilon H5600」は、2019年6月に一般提供開始予定です。

  価格は、個別見積もり。

 ・「Cloud Storage Services」( https://blog.dellemc.com/en-us/take-control-cloud-strategy-data-first-approach/ )は、2019年5月に一般提供開始予定です。

  北米、ロンドンから順次リリースされます(日本でのリリースは未定)。

  価格は、個別見積もり。

■提供について:

 デル、EMCジャパンおよび両社のビジネスパートナーから提供します。

■製品画像:

 ※添付の関連資料を参照

 *1 「Dell EMC Unity 650F」および「Dell EMC Unity XT 880F」の社内テストに基づく(8Kブロックサイズ、100%読取り、100%書き込み、70:30の混合ワークロード)

 *2 Dell EMC 社内分析に基づく(2019年3月) − 「Dell EMC Unity XT 880F」での32KB、100%読取りテストの結果 vs. 主要競合ベンダー。実際の結果は変動する場合があります。

 *3 2019年の「Dell EMC Unity」設置ベースにおける効率性評価に基づく − 指定の顧客サイトにおいて5:1のDRRを確認

 *4 「OneFS 8.2」により、企業は未加工データ ストレージを75%拡張可能(単一の「Isilon」クラスターで最大58PB)、「OneFS」によりクラスターのパフォーマンスが75%アップ(IOPS は最大1,580万、合計スループットは最大945 GB/s)、「OneFS 8.2」により「Isilon」クラスターのサイズを75%拡張可能(単一クラスターで最大252ノード)

■デル テクノロジーズについて

 デル テクノロジーズ(NYSE:DELL)は、企業や人々がデジタルの未来を築き、仕事や生活の仕方を変革するのを支援する独特なビジネス ファミリーです。

 同社は、エッジからコア、クラウドまでを網羅した業界で最も包括的かつ革新的なテクノロジとサービスのポートフォリオをお客様に提供しています。

 デル テクノロジーズ ファミリーには、Dell、Dell EMC、Pivotal、RSA、Secureworks、Virtustream、およびVMwareが含まれます。

■デル株式会社について

 デルは世界市場トップレベルのシェアを誇るエンドツーエンドのソリューション プロバイダー、Dell Inc.の日本法人です。 総合 IT ソリューション事業 - パソコン・モバイル端末から基幹システムやクラウドの導入支援、セキュリティーサービスに至るまで包括的な IT ソリューションを提供。

 http://www.dell.co.jp/

■EMCジャパン株式会社について

 EMCジャパンは、情報インフラの卓越したテクノロジーとソリューションの提供を通して、日本のお客様の情報インフラの課題解決をご支援し、あらゆる規模のお客様のビジネスの継続と成長、さらにビジネス価値の創造に貢献致します。

 https://www.dellemc.com/ja-jp/

 (C)Copyright 2019 Dell Inc.、その関連会社。All Rights Reserved.

 Dell, EMC, 及びDell, EMCが提供する製品及びサービスにかかる商標は、米国 Dell Inc. 又はその関連会社の商標又は登録商標です。その他の製品の登録商標および商標は、それぞれの会社に帰属します。

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

製品画像(1)

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0510002_01.jpg

製品画像(2)

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0510002_02.jpg