アクロニスが「Acronis Cyber Cloud 7.9」をリリース

 

 サイバープロテクションとハイブリッドクラウドソリューションのグローバルリーダーであるアクロニス・ジャパン株式会社(本社:東京都港区、以下:アクロニス)は、本日、Acronis Data Cloudのアップデート版であるAcronis Cyber Cloud 7.9をリリースしました。本製品は、サービスプロバイダーやアクロニス製品を取り扱っているシステムインテグレーター、販売店を対象にしています。

 Acronis Cyber Cloudは、簡単・効率的にデータ保護サービスを提供するプラットフォームです。試用版の提供や容易なインストール、マルチテナント/マルチティア対応のサービス管理コンソール、Professional Services Automation(PSA)システムやRemote Monitoring and Management(RMM)ツールとのネイティブ統合により、効率的でコストメリットのあるデータ保護ソリューションをサービスプロバイダー向けに提供しています。現在、全世界で2,000を超えるサービスプロバイダーがAcronis Cyber Cloudを使用して、サイバープロテクションを提供しています。

 アクロニスの掲げる「SAPAS」の5つのベクトルであるSafety(安全性)、Accessibility(接続性)、Privacy(プライバシー)、Authenticity(真正性)、Security(セキュリティ)を基にしたサイバープロテクションに注力すべく、本バージョンより、名称をAcronis Data CloudからAcronis Cyber Cloudに変更しました。

■新機能および改善点

・G Suiteのバックアップ

 前バージョンであるAcronis Data Cloud 7.8で追加されたMicrosoft Office 365のバックアップに加え、新たにG Suiteのバックアップを追加しました。Gmail、Gドライブ、Googleカレンダー、Googleコンタクトをエージェントレスでバックアップすることができます。

・クリプトマイニングプロテクション

 Active Protectionにクリプトマイニングマルウェア対策機能が追加されました。クリプトマイニングを行っていると考えられるマルウェアによるデバイスリソースや、ネットワークの不正利用を検知・遮断し、データ保護を強化します。

■市場の拡大

 小規模企業からフォーチュン500の企業まで、さまざまな有名企業がG Suiteを利用しており、全世界の有償ユーザーは400万社を突破しました(2018年1月時点)。日本国内でもOffice 365と並び中堅・大手から中小まで幅広い企業で採用が拡大、働き方改革が求められる中で、今後もG Suiteの採用が進むと考えられます。

■G Suite活用時のデータセキュリティのリスクと対策

 Google社は強固なインフラを提供する一方で、誤作動や誤操作などによるデータの消失やセキュリティ上の脅威からのデータ保護、削除されたユーザーアカウントのデータ保持といったデータ保護についてはエンドユーザーの責任範囲となっています。Acronis Cyber Cloudを利用いただくことで、G Suiteのデータセキュリティのリスク対策として、クラウドツークラウドでデータのバックアップを行うことができます。また、ブロックチェーンベースのAcronis Notaryの機能をご使用いただくことで、G Suiteのバックアップデータの真正性を証明することができます。

■Acronis Cyber Cloudについて

 https://www.acronis.com/ja-jp/personal/computer-backup/

 ※参考は添付の関連資料を参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0509989_01.pdf