医療業界やマーケティングにおける個人情報の利活用を促進

匿名加工情報作成ソフトウェアの新バージョンを販売開始

 

 NTTテクノクロス株式会社(以下、NTTテクノクロス 本社:東京都港区港南、代表取締役社長:串間和彦)は、企業などが独自のシステムで保有している個人情報を匿名加工情報に加工して利活用できるようにする「匿名加工情報作成ソフトウェア(以下、本ソフトウェア)」の新バージョンを2019年5月27日から順次販売します。

■背景

 個人情報を匿名加工情報に加工し、利活用しようとしている企業は300社以上と言われ、市場は拡大し続けています。しかしながら、一般企業や医療業界における匿名加工情報の活用はあまり進んでいないのが現状です。

 その理由として、既存の加工ソフトウェアでは、匿名性を保つためにデータ活用に本来必要な情報まで削除されてしまうこともあり、例えば履歴データにおける日付情報などは、安全かつ有用な加工が難しいことが挙げられます。

 さらに、それぞれの企業が既に独自のシステムで個人情報を管理しているのに対して、匿名加工情報に変換するシステムの連携手段は限られており、システム間連携ができなかったという課題もあります。

 NTTテクノクロスはこれらの課題を、バージョンアップした本ソフトウェアで解決します。

 ※参考画像は添付の関連資料を参照

 ※以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0509902_01.jpg

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0509902_02.pdf