パワーハラスメントの発生リスク予測サービス「Wellness Eye Plus」を東京大学大学院 川上憲人教授監修の下、クオレ・シー・キューブと共同開発

〜2020年前半の販売開始に向けてサービス検証の協力企業・団体を、5月20日から募集〜

 

 ソフトバンク株式会社の子会社で人事系シェアードサービスを提供するSBアットワーク株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:長崎 健一、以下「SBアットワーク」)は、株式会社クオレ・シー・キューブ(以下「クオレ・シー・キューブ」)と共同で、統計解析や AI(人工知能)を用いて企業などにおけるパワーハラスメントの発生リスクを予測するサービス「Wellness Eye Plus(ウェルネスアイ プラス)」を、東京大学大学院 医学系研究科 精神保健学分野の川上 憲人教授の監修の下で開発しました。「Wellness Eye Plus」は、2020年前半からSBアットワークが販売する予定で、予測精度の検証・向上やサービス仕様のさらなる検討などを目的に、「Wellness Eye Plus」を試験的に利用いただく協力企業・団体を、2019年5月20日から募集します。

 「Wellness Eye Plus」は、選択形式の質問への回答から回答者のメンタルコンディションと所属する組織のコンディションを可視化できるSBアットワークのストレスチェックシステム「Wellness Eye」と併せて専用のWEBサイト上で利用できるサービスです。「Wellness Eye」における質問項目に、組織の風土や上司のマネジメントスタイルなどに関する質問を17問追加し、その回答内容などからパワーハラスメントの発生リスクを予測します。「Wellness Eye Plus」を活用することで、労働安全衛生法で年に1回以上の実施が義務付けられている(※1)ストレスチェックの結果と併せてパワーハラスメントの発生リスクの把握ができるため、企業などはパワーハラスメントの対策も含めて職場の環境改善に取り組むことが可能になります。

 「Wellness Eye Plus」の開発にあたり、SBアットワークとクオレ・シー・キューブは、川上教授との共同研究により、統計解析やAIを用いた6つのパワーハラスメント発生リスク予測モデルを作成し、企業2社における合計539組織(※2)に、2018年に本サービスを試験導入しました(質問への回答者は7,006人)。この試験においては、パワーハラスメントの発生状況についてのアンケートも併せて実施し、実態と予測結果の相関性を確認することができました。今回は、幅広い業種の企業や団体にこのサービスを試験的に利用してもらい、商用サービスで採用する予測モデルを決定します。

 なお、クオレ・シー・キューブはハラスメント対策に関する豊富な経験と実績を有しており、年間約750件の研修の開催や延べ3,000社以上へのコンサルティングを行い、企業などのハラスメント対策を支援しています。2001年からパワーハラスメントという言葉と概念を提唱しているのもクオレ・シー・キューブで、同社の顧問は、ハラスメントをテーマに多数の論文を書いている、日本を代表するハラスメント研究者の津野 香奈美氏(神奈川県立保健福祉大学大学院 教員)です。また、川上教授は労働者のメンタルヘルスをはじめとする精神保健分野の研究に約30年間取り組んでいます。SBアットワークは、パワーハラスメントやメンタルヘルスの分野で豊富な知見を有するクオレ・シー・キューブおよび川上教授と連携し、「ハラスメントフリー」な社会の実現に貢献することを目指します。

 *以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0509877_01.pdf