J:COM 千葉セントラルと千葉市が「災害発生時における地域支援のための人員及び車両等の提供に関する協定」を締結

〜災害発生時の地域支援を強化〜

 

 株式会社ジェイコム千葉 千葉セントラル局(J:COM 千葉セントラル、所在地:千葉市中央区、局長:荒木節夫)は2019年5月17日(金)に千葉市(所在地:千葉市中央区、千葉市長:熊谷 俊人)と「災害発生時における地域支援のための人員及び車両等の提供に関する協定」を締結しました。

 ※参考画像は添付の関連資料を参照

 J:COM 千葉セントラルは、2016年に千葉市と締結した「災害情報の放送に関する協定」に基づき、発災時の市民に対する災害情報の放送等について協力体制を構築してきました。

 今回の協定締結は、この情報連携に加えて、発災時に千葉市が行う災害対策に人的(従業員)・物的(保有する車両及び物資等)両面で支援協力する内容を取り決めたものです。

 J:COM 千葉セントラルは、地域に密着した企業として、コミュニティチャンネルや地域情報アプリ「ど・ろーかる」を通じて、地域の皆さまの生活に役立つ情報を提供するとともに、発災時には防災情報の放送、人的・物的な応急的支援を行うなど、これからも安全・安心なまちづくりに貢献していきます。

■「J:COMチャンネル」について

 「J:COMチャンネル」は、地域のイベントや行政情報、安全・安心に役立つ防災情報など地域に根差したコンテンツ満載のオリジナルチャンネルです。地域のニュース番組『デイリーニュース』を通じて行政の動きや街の出来事を取り上げ、地域の今を伝えます。また台風や地震などの災害時には地域に必要な情報を即座に発信します。その他、地域で活躍する人にスポットを当てた『ご当地人図鑑』や、地域イベント・スポーツ大会の生中継など徹底的に地域にこだわったチャンネルです。

  ●チャンネル番号(全て地上デジタル):札幌・仙台・関東・関西・九州エリア:11ch、下関エリア:12ch、熊本エリア:10ch

■地域情報アプリ「ど・ろーかる」について

 「ど・ろーかる」は、地域の“今”をお届けする全く新しい地域情報アプリです。コミュニティチャンネルで放送している地域のニュースや、特別番組をライブ配信しますので、外出先からでもスマホやタブレットでお住まいの地域のニュースが視聴できます。

 また札幌の方が福岡の番組を見られるなど、お住まいのエリアに限らずJ:COM全サービスエリアの番組をお楽しみいただくことができます。

■株式会社ジェイコム千葉 千葉セントラル局について http://www.jcom.co.jp

 株式会社ジェイコム千葉 千葉セントラル局(J:COM 千葉セントラル、所在地:千葉市中央区、局長:荒木 節夫)は、千葉県千葉市内において、ケーブルテレビ、高速インターネット接続、固定電話、電力、モバイル等を提供しているケーブルテレビ運営会社です。株式会社ジュピターテレコム(J:COM)のグループ局として、先進性のある高品質な情報・エンターテインメントの提供を通じ、地域社会の発展に寄与することを目指しています。

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0509834_01.JPG