NEC、オマーンの国営バス会社から高度交通運用管理システムを受注

〜スマホアプリによる料金支払いとバスの位置情報提供で顧客の利便性向上と運行業務の効率化に貢献〜

 

 NECは、オマーン国営バス会社MWASALAT社(ムワサラート)から高度交通運用管理システムを受注しました。本システムの稼働時期は2019年内を予定しています。

 近年、人口が急速に増加しているオマーンでは、政府により交通インフラの整備が進められています。特に首都マスカットでは、公共交通サービスの発達にともなう車両の運用管理が課題となっています。ムワサラート社は、マスカット市内を中心に一日あたり約2万人の乗客が利用する路線バスを運行しており、年々増加する利用者に対応するため、より利便性が高く安全で効率的な運用の実現を求めています。

 今回NECが提供するシステムは、スマートフォンにダウンロードするモバイルアプリケーションを活用して、キャッシュレスで正確かつ信頼性の高い運賃収受を実現する「自動料金収受システム」と、GPSによりバス約200台の位置情報を運行管理センターでリアルタイムに把握し、定時運行を支援する「バス位置情報管理システム」です。バスの運行情報は、モバイルアプリケーションを通じて乗客にも提供します。

 NECは従来から香港やシンガポール、インドなどアジア各国で高度交通運用管理システムを提供した実績があり、今回は中東における初めての受注となります。今回の実績を活かし、今後も「NEC Safer Cities」のもと、安全・安心で効率的な交通インフラの整備にグローバルで取り組むことで、事業拡大を目指します。

以上