地域と一体となった地方創生の実現に向け

新ファンド「KDDI Regional Initiatives Fund1号」を設立

 

 KDDIは、地方創生を推進する地元企業やベンチャー企業への出資を目的とした「KDDI Regional Initiatives Fund1号」(以下KRIF1号)を独立系ベンチャーキャピタル大手のグローバル・ブレイン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:百合本安彦)と共同で設立したことをお知らせします。

 ※ロゴは添付の関連資料を参照

 KDDIはこれまで、全国の地方自治体や地元企業との連携を通じて、社会課題の解決や地域経済活性化に取り組み、また5G時代を見据え、パートナー企業との連携によりイノベーション創出を推進してきました。

 今回設立したKRIF1号は、革新的な技術やビジネスモデルにより地方創生を推進する地元企業やベンチャー企業に対して、今後5年間で約30億円の投資を実施する予定です。KRIF1号を通じた企業支援と、KDDIグループが持つリソースや技術・ノウハウを活用することで、地域社会と企業がともに持続的に成長・発展できる社会の実現に取り組んでいきます。

 KDDIは、「通信とライフデザインの融合」を推進し、“社会の持続的な成長に貢献する会社”として、5G時代に向けた事業共創を促進し、新しい体験価値を創造していきます。

 「KDDI Regional Initiatives Fund1号」の詳細は、別紙をご参照ください。

以上

 ※別紙は添付の関連資料を参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

ロゴ

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0509602_01.jpg

別紙

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0509602_02.pdf