楽天、ハリウッド映画「Brightburn」と「xXx 4」に出資

- 米国 The H Collective社との合弁による映画配給会社を日本において設立 -

 

 楽天株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史、以下「楽天」)は、米国を拠点に映画の制作・配給を手掛けるThe H Collective, Inc.(本社:米国カリフォルニア州ロサンゼルス、CEO:ニック・クローリー、以下「The H Collective社」)がプロデュースし公開予定のハリウッド映画「Brightburn(原題)」および「xXx 4(原題)」に出資しました。また、両社で合弁による映画配給会社(以下、「新会社」)を日本において設立することに合意し、本件に関わる契約を締結しました。

 楽天とThe H Collective社は、新会社を通じて、「Brightburn」および「xXx 4」に加え、長編アニメーション映画「Spycies (原題)」の日本での公開をサポートします。今後、ハリウッド発の魅力的な映画コンテンツを、「楽天エコシステム」の様々なサービスと連携させることにより、楽天会員をはじめとする国内の多くのユーザーに提供していきます。

 「Brightburn」はThe H Collective社が手掛けた、初めてとなる世界規模で公開される映画で、「Guardians of the Galaxy(邦題:ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー)」のジェームズ・ガンがプロデュースし、エリザベス・バンクスが主演しています。同作品は米国Sony Pictures Entertainment Inc.により、戦没将兵追悼記念日の週末でもある5月24日に全米で公開されます。「xXx 4」は、「xXx(邦題:トリプルX)」シリーズの4作目であり、D・J・カルーソーが監督を、ヴィン・ディーゼルが再びザンダー・ケイジ役を主演で務めています。「Spycies」は、「Dragon Hunters(原題)」のギヨーム・イヴェルネルが監督を務めており、The H Collective社が出資し、中国の大手エンターテインメントサイトである「iQiyi(アイチーイー)」がプロデュースしています。

 The H Collective社のCEOであるニック・クローリーは以下のように述べています。「世界で最もエキサイティングな企業のひとつである楽天とパートナーになることで、アジアにおける展開を強化できることは、嬉しい限りです。我々にとって初の世界規模での公開となる『Brightburn』と、『xXx 4』への楽天の出資は、映画産業へのコミットメントの表れだと思います。日本は、映画館への観客動員も多く、配給機会に満ちた素晴らしい市場です。今回の出資や新会社の設立は、私たちのこれからのパートナーシップの第一歩に過ぎません」

 楽天の代表取締役会長兼社長である三木谷 浩史は以下のように述べています。「今回の出資は楽天にとって、戦略的投資を通じてエンターテインメント産業をエンパワーメントするための新たなステップです。The H Collective社と連携できることをとても嬉しく思っており、国際的な映画への出資と日本国内での展開によって、私たちのパートナーシップが成長していくことを楽しみにしています」

■The H Collective社について

 2017年に設立されたThe H Collective社は、ロサンゼルスに複数のオフィスを構え、国際的な映画のフィルムファイナンス、プロダクション、マーケティング、配給を手掛けています。強力な知的財産権の可能性を持つ、多様で高品質な映画を複数プロデュースし、出資しています。代表作には、米国Sony Pictures Entertainment Inc.が5月24日に公開する、エリザベス・バンクス主演の「Brightburn」や、アーロン・ポール主演、クリストファー・キャントウェル監督のスリラー映画「The Parts You Lose(原題)」があります。またアーロン・W・サラによるホラー映画でクリスティーン・クロコスが監督を務める予定の「The Beast(原題)」の権利を取得したほか、ヴィン・ディーゼル主演の長編映画「xXx」シリーズの第4作をプロデュースしています。詳しい情報は https://thehcollectivefilms.jp/ をご覧ください。

以上

 ※ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。最新の情報と異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください。