APIで業務の生産性を向上させる『給与奉行クラウド API version』、5月10日より発売開始

 ●『奉行クラウドAPI version』は、さまざまなシステムとAPIでつながり業務を自動化、中堅・中小企業の働き方改革を促進するサービスです!

 

 『奉行シリーズ・奉行クラウド』を展開している株式会社オービックビジネスコンサルタント(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:和田 成史、以下「OBC」)は、『給与奉行クラウド API version』を2019年5月10日(金)より発売します。

 『奉行クラウド API version』は、奉行クラウドのコンセプトである “つながる・ひろがる”を具体的に実現するためAPI(Application Programming Interface)を利用し、さまざまなシステムとつながります。中堅・中小企業が”かんたん”かつ効果的に業務の自動化を実現し、従来の基幹業務システムでは満たしきれなかった、周辺業務システムの自動連携ニーズを満たすことができます。

 『勘定奉行クラウド API version』に続き『給与奉行クラウド API version』を発売し、今後も数十万社を超えるユーザー企業が、必要な範囲で業務データを“かんたん”に連携できる効率的な「API連携」により、業務生産性を飛躍的に向上させていきます。また、AI(Artificial Intelligence)やRPA(Robotic Process Automation)といった新しいクラウドサービスとの連携も進めており、『奉行クラウドAPI version』では先進的なテクノロジーを比較的容易に多くの中堅・中小企業が活用できる、そういった将来の業務を変えていくサービスを目指しています。

 まずは、給与奉行クラウド API versionの第一弾として、ハイブリッド型のシフト&勤怠システム『ShiftMAX(シフトマックス)』との連携を発表いたします。KYODOU株式会社の『ShiftMAX』は、セミオーダー感覚で柔軟にアレンジできるクラウド型勤怠管理システムです。Excelを使った簡単操作で、シフト作成、ワークフロー申請・承認、プロジェクト管理もリアルタイムに集計可能で、勤怠管理や集計にかかっていた手間を大幅に効率化できます。今回の連携では『給与奉行クラウド』の社員情報を『ShiftMAX』が取得し、『ShiftMAX』の勤怠情報を『給与奉行クラウド』の勤怠項目へ書き込みをします。これにより、シフト・勤怠管理を行う『ShiftMAX』と社員情報や勤怠情報を完全連携することで、入社や異動時の社員情報の登録や月次の給与処理時に勤怠データを入力する業務が無くなります。

 ※以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0509129_01.pdf