JBS、安全なクラウド利用を的確かつ持続的にサポートする「マネージドセキュリティサービス for Microsoft Cloud App Security」を提供開始

 

 日本ビジネスシステムズ株式会社(本社:東京都港区 代表取締役社長:牧田幸弘 以下、JBS)は、日本マイクロソフト株式会社が提供するクラウド アプリケーションにおけるアクティビティの可視化およびその制御と高度な情報保護を実現する製品「Microsoft Cloud App Security」のトータルサポートサービスである「マネージドセキュリティサービス for Microsoft Cloud App Security」を本日 2019年5月7日に提供開始します。

 本サービスは、クラウドサービスの利用状況を可視化しながら、利用の制御および維持を行う包括的なソリューションです。JBSのセキュリティ専門家が監視と分析を行い、安全なクラウド利用を的確かつ持続的にサポートします。

■Microsoft Cloud App Securityとは

 クラウドアプリケーションが提供するメリットを担保しつつ、可視性を強化して制御を維持できる製品です。クラウド上の重要なデータを保護しつつ、シャドーITの発見、リスクの評価、ポリシーの適用、アクティビティの調査、脅威の防止を行うことで、組織は重要なデータの制御を維持しながらクラウドへの安全な移行をサポートします。

■マネージドセキュリティサービス for Microsoft Cloud App Securityのメリット

 ●社内で利用されているSaaSアプリケーションをMicrosoft Cloud App Security上で検知。SaaSアプリケーションのカテゴリ、名称、総数をデータベースにもとづき可視化することで、ダッシュボードで利用状況の把握が可能です。

 ●新規でSaaSアプリケーションが利用された場合に、そのアプリケーションの情報をMicrosoft Cloud App Security上で検知し表示できます。

 ●可視化されたSaaSアプリケーションのリスクをクラウドセキュリティの国際規格を基に、マイクロソフトが定めた判断基準からスコア付けできます。

 ●Office 365のサービスのアクティビティログを収集できます。

 ●アクティビティログの内容に応じて、アラートの通知やポリシーベースでの制御を実施できます。

 ※参考画像は添付の関連資料を参照

 ※以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0508863_01.jpg

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0508863_02.pdf