ソフトバンクと横浜中華街、スマートシティ推進に向けた包括的な協業に合意

 

 ソフトバンク株式会社(以下「ソフトバンク」)は、横浜中華街の発展のために活動する横浜中華街発展会協同組合(以下「中華街発展会」)と、横浜中華街におけるスマートシティの推進などにおいて包括的に協業していくことで合意しました。

 両者は今後、通信サービスやIoT技術、データを活用したデジタルマーケティングなどの導入に向けて取り組んでいきます。また、横浜中華街で実施されるさまざまなイベントにおける集客を目的とした連携、さらにはソフトバンクによる協賛についても検討・協議していきます。

 この取り組みの第1弾として、ソフトバンクとヤフー株式会社の共同出資会社であるPayPay株式会社が提供するスマートフォン決済サービス「PayPay」の、中華街発展会に加盟する全店舗での導入を順次進めていきます。

 ソフトバンクは、最新テクノロジーを積極的に活用することで、新たな価値を創造し、さらなる繁栄・発展を目指す横浜中華街を支援し、協力していきます。

 ・SoftBankおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンクグループ株式会社の登録商標または商標です。

 ・その他、このプレスリリースに記載されている会社名および製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。