『amazing THAILAND 美食の地タイでグルメを楽しもう!』

訪タイ日本人向けにタイの食の魅力と現地の飲食店情報を発信

 

 ※ロゴは添付の関連資料を参照

 https://pr.gnavi.co.jp/promo/amazing-thailand-jp/ 

 株式会社ぐるなび(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:久保征一郎 以下、ぐるなび)は、タイ国政府観光庁と2017年12月に締結した「観光と食に関する連携協定」の取り組みの一環として、タイの観光と食文化振興を目的に、2019年4月25日(木)より、『amazing THAILAND 美食の地タイでグルメを楽しもう!』にて、訪タイ日本人向けにタイの食の魅力と現地の飲食店情報を発信し、日本からタイへの旅行者のさらなる増加を促します。

 2018年の訪タイ外国人数は前年比7.5%増の約3,828万人(タイ王国観光・スポーツ省調べ)と大きく増加しており、そのうち日本人は前年比7.2%増の約165万人と過去最高を記録し、日本人にとってタイは主要な旅先のひとつとして定着しつつあります。一方で、ぐるなびの調査によると、「トムヤムクン」「グリーンカレー」など、タイを代表する料理は日本でも認知が高いものの、その他のタイ料理は馴染みが浅く、2020年に訪タイ日本人200万人を目標に掲げているタイにとって、日本でのさらなるタイ料理の魅力発信と、訪タイ日本人が現地で快適に外食を楽しむことができる環境作りが非常に重要になってきています。

 このような状況を受け、ぐるなびでは「観光と食に関する連携協定」に基づき、タイの観光と食文化振興を目的に、4エリア(バンコク&アユタヤ、チェンマイ&チェンライ&ランパーン、プーケット&パンガー、チョンブリー&ラヨーン)のタイ料理の特徴や魅力と、現地でおすすめのタイ料理店の情報をビジュアルを活用して紹介。『amazing THAILAND 美食の地タイでグルメを楽しもう!』にて情報発信することで、タイへのさらなる興味を喚起し、日本からタイへの旅行者増につなげていきます。

 ぐるなびとタイ国政府観光庁は、両国の観光と食文化振興を目的に、双方が持つ情報、データや経験をもとに、今後もさまざまな計画や活動を協議して連携を進めていきます。

 ※以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

ロゴ

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0508611_01.JPG

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0508611_02.pdf