TRI-AD、Maxar テクノロジーズ、NTTデータ

自動運転車用の衛星画像を用いた高精度地図生成で提携

 

 トヨタの自動運転ソフトウエアの先行開発を行うトヨタ・リサーチ・インスティテュート・アドバンスト・デベロップメント株式会社(以下:TRI-AD)と、新しい宇宙業界をリードし、グローバルに技術革新しているマクサー・テクノロジーズ社(以下:Maxar)、日本のITサービスを牽引する株式会社 NTTデータ(以下:NTTデータ)は、高解像度の衛星画像を用いた自動運転車用の高精度地図の自動生成に向けた実証実験を3社共同で行うことを発表します。本取り組みは、Automated Mapping Platform(AMP)という、TRI-ADのオープンなソフトウエアプラットフォーム構想を前進させる重要な一歩であり、自動運転の可能性を広げていきます。

【背景】

 自動運転車では、複数のリアルタイムセンサーを用いることで、安全運転を確実なものとしますが、センサーを用いた自動運転の基盤データとして高精度な道路地図は不可欠です。現状、高精度地図がカバーしているのは、全世界の道路ネットワークの1%未満(注1)のため、自動運転社会実現のためには、市街地と地方道路のカバー範囲を広げる必要があります。本実証実験では、精確な衛星画像で生成した高精度地図を元に、自動運転用ソフトウエアが複数のデータソースを参照した上で指示を送り、自動車が安全に対処できるようにすることを目指します。

【実証の概要】

 今回の取り組みでは、3社協力のもと、衛星画像を加工し、車両に使いやすい高精度地図を生成します。まず、Maxarのクラウドベースの地理空間情報クラウド(GBDX)から光学衛星画像ライブラリーの画像を取得します。次に、NTTデータの人工知能(AI)を活用した独自アルゴリズムにより、道路ネットワークの作成に必要な地図情報を自動抽出します。そして、TRIADが自動運転用に作成した高精度地図をクラウド環境からトヨタの自動運転試験車へ配信します。

 今後3社は、まず、東京の特定エリアの高精度地図を自動生成することを重点的に取り組み、将来的にはあらゆる道路における自動運転を実現していきます。

 ※図は添付の関連資料を参照

 (注1)仮に、日本・米国・中国・ドイツの高速道路の高精度地図が既に整備されているとした場合、全世界の道路ネットワークに占める割合は1%未満と想定

 ※以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

図1

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0508570_01.jpg

図2

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0508570_02.jpg

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0508570_04.pdf