通信混雑下での快適な業務通信の実現に向けたフィールドトライアルの実施について

 

 西日本電信電話株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:小林充佳、以下、NTT西日本)は、通信混雑環境で特定通信の品質を改善する無線LAN技術のフィールドトライアルを実施します。

1.背景

 現在、様々な業務用機器・端末の通信手段として、オフィス内の通信ばかりではなく、例えば観光地や店舗におけるキャッシュレス決済システム等、身近なところでも無線LANの利用が広がっています。

 ※グラフ資料(1)は添付の関連資料を参照

 業務利用の無線LANは、同一エリアにおいて公衆無線LANやモバイルルーターなどその他の通信を行う機器と多く共存しています。共存する機器がさらに増加すると、電波の干渉や通信の衝突がより多く発生し、業務で利用する特定通信の品質を確保できず、業務に支障が出ることが想定されます。

 ※グラフ資料(2)は添付の関連資料を参照

2.フィールドトライアルの内容

(1)実施内容

 業務利用するQRコード決済用ストアスキャン端末の無線LAN通信と、来店者向けの公衆無線LANやその他通信が共存する実店舗環境において、NTTの独自技術である「特定通信の品質を改善する無線LAN技術」(詳細は別紙参照)を用いた、業務通信の品質の改善効果を確認します。

 ・検証項目:本技術の有無による無線通信環境測定(体感品質、通信品質(遅延時間等))

 ※参考資料は添付の関連資料を参照

(2)フィールドトライアルの期間・場所

 ・実施期間:2019年4月28日(日)〜2019年10月31日(木)

 ・実施場所:石川県金沢市上近江町38番地<近江町市場内>

3.今後の展開について

 NTT西日本は、本トライアルで得られたノウハウやお客さまのご意見・ご要望を踏まえ、最適な無線LAN通信環境を備えたIoTソリューション(キャッシュレス決済ソリューション、工場IoTシステム等)をご提供できるよう、新たな開発や研究を進めてまいります。

 ※別紙は添付の関連資料を参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

グラフ資料(1)

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0508560_01.pdf

グラフ資料(2)

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0508560_02.pdf

参考資料

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0508560_03.pdf

別紙

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0508560_04.pdf