MousePro、最新サーバー用OS「Windows Server 2019 Standard/Essentials」搭載小型ビジネスサーバー販売開始

 

 ※参考画像は添付の関連資料を参照

 株式会社マウスコンピューター(代表取締役社長:小松永門、本社:東京都中央区、以下マウスコンピューター)は、法人向けパソコン“MousePro“(呼称:マウスプロ)から、最新サーバー用OS「Windows Server 2019 Standard/Essentials」を搭載した小型ビジネスサーバー「MousePro-SV250」シリーズを販売開始いたします。

 小規模事業者向け小型ビジネスサーバー「MousePro-SV250STE」は、マイクロソフトのクラウドサービス「Microsoft Azure」との連携を強化し、ハイブリッドクラウド環境を安価に構築できる最新サーバー用OS「Windows Server 2019 Standard」を搭載しています。横幅210mm、奥行395mmのコンパクトなサイズで、設置場所を取らず、オフィスでの運用がしやすいビジネスサーバーです。

 また、サーバーへのアクセスに必要なライセンス「CAL」が不要で、25ユーザー・50デバイスまで利用可能な、より安価にサーバー環境を構築できる小規模事業者向けの「Windows Server 2019 Essentials」を搭載した「MousePro-SV250ESE」も同時に販売を開始いたします。

 「MousePro-SV250STE」は、18万9800円(税別)から、「MousePro -SV250ESE」は、14万4800円(税別)からラインアップをそろえております。各モデルは、マウスコンピューターWEBサイト、電話通販窓口、マウスコンピューター各ダイレクトショップ、および法人営業窓口にて販売いたします。

 MousePro-SV250STE: https://www.mouse-jp.co.jp/business/mpro-sv/sv250st/

 MousePro-SV250ESE: https://www.mouse-jp.co.jp/business/mpro-sv/sv250es/

 MouseProホームページ: https://www.mouse-jp.co.jp/business/

 ※以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0508522_01.JPG

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0508522_02.pdf