- グリッドとマクニカが販売代理店契約を締結 -

AI開発プラットフォーム「ReNom」によるデータサイエンティスト不足解消・企業のAI活用を推進

 

 株式会社グリッド(本社:東京都港区、代表取締役社長:中村 秀樹、以下グリッド)と、株式会社マクニカ(本社:横浜市港北区、代表取締役社長:中島 潔、以下マクニカ)は、販売代理店契約を締結しました。今後両社は製造分野の企業を対象としたAI開発プラットフォーム「ReNom(リノーム)」の販売体制を強化し、データサイエンティスト不足の解消と、AI開発の簡略化による企業のAI活用を推進していきます。

■AIの活用に必要なデータサイエンス人材不足

 製造業でのAI(人工知能)を利用した課題解決の実用が本格化しつつあります。歩留まり改善、職人や熟練工のノウハウに依存した各種パラメータ設定、生産設備の故障予測などさまざまな場面において大きな効果を上げており、適用範囲が拡大しています。現実課題でのAI活用を実現するためには、データサイエンティスト等の高度なスキルを有した専門家の存在が不可欠と言われています。しかし、このAI分野に欠かせないデータサイエンス人材は、自社で充足することは難しいのが現状です。データサイエンス人材の不足は企業・組織でのビジネス課題の解決を目的としたAI活用を妨げる大きな課題となっています。

■AI活用の推進

 今回の販売代理店契約締結を受け、マクニカは、使いやすいGUIで高度なアルゴリズムを用いて簡単にAI開発を実現するプラットフォーム「ReNom」の提供と併せ、最適な学習環境の構築、製造業の課題解決に精通したデータサイエンティストによるトレーニング、開発したモデルを実用するためのアプリケーション開発及びシステム構築までをワンストップで提供します。日々進化するアルゴリズムへのキャッチアップとAIモデルの作成ツールを用いることにより、自社のエンジニアは本質的に重要な課題解決・ビジネス適応へ集中することが可能になります。

●「ReNom」概要

 「ReNom」は、誰にでも簡単にAI開発やデータ解析ができることと、コーディングをしなくとも高度なアルゴリズムを自由に組み合わせて使えることを目指したAI開発プラットフォームです。

 (1)それぞれの課題に合わせた開発ができるように、ディープラーニングに限らず、機械学習のアルゴリズム、TDAや深層強化学習などの高度なアルゴリズムの組み合わせが可能

 (2)APIの提供だけにとどまらず、さまざまなデータ処理ユーティリティやGUIアプリケーションでモデルの開発ができるSDKも提供

 (3)高度なアルゴリズムを用いた簡単かつ短期間でのAI開発実現のため、解析手法に応じた各種アプリケーションを提供

 ・画像認識:

  教師データ作成アプリケーション(ReNomTAG)、画像認識モデル作成アプリケーション(ReNomIMG)

 ・回帰分析:

  数値データ・時系列データ前処理アプリケーション(ReNomDP)、回帰分析モデル作成アプリケーション(ReNomRG)

 ・トポロジカルデータアナリシス:

  高次元データの特徴を分析するアプリケーション(ReNomTDA)

●マクニカが提供するサービス

 (1)ReNom販売

 (2)製造業の課題解決に精通したデータサイエンティストによるトレーニング

 (3)ワークステーションの提供、学習環境の構築セットアップ

 (4)AIモデルを活用したアプリケーション開発

 (5)AIモデルを実装するためのシステム構築

 (6)エッジ端末への実装・提供

 マクニカは今年1月、国内外の人・技術・経験をつなぎ、企業のデジタル変革を支援するAI活用の伴走者としての”macnica.ai”全体のポートフォリオ像を発表したところです。今回のAI開発プラットフォーム「ReNom」の提供開始により、データ分析におけるグリッドのノウハウと、マクニカが提供するサービスを組み合わせることで、AI導入支援のサービス向上をさらに加速させ、お客様のAI活用によるビジネス課題解決に貢献していきます。

 ※本文中に記載の社名及び製品名は、各社の商標または登録商標です。

 *以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0508301_01.pdf