富士通とSAPジャパン、SAP標準アプリケーションを機能拡張・補完するクラウドサービス開発・提供に向けた協業を開始

 

 富士通株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:田中 達也、以下、富士通)とSAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:福田 譲、以下、SAP)は、SAPの標準アプリケーションを機能拡張・補完する業種向けサービスをSAPのクラウドサービス「SAP(R) Cloud Platform」上に共同で開発し、提供していくことで合意しました。

【背景】

 近年、多くの企業が経営効率化、利益最大化に向けてICTの利活用を進める中、事業規模が拡大するにつれて様々な部門がそれぞれの業務システムを構築し、それらの管理やシステム連携をさせることが困難になってきています。将来に向けた経営テーマに取り組むためには、既存業務の改善や様々な環境変化への対応、新しいテクノロジーの利用促進などが急務となっています。

 両社は、これまでも様々な業種のお客様向けにSAPの導入支援をしてきましたが、お客様にとって従来のSAPアプリケーションを業務プロセスに合わせてカスタマイズする際のシステム改修や、機能拡張の影響範囲の調査に掛かる膨大な労力の効率化が課題となっていました。

 本協業を通じて、従来行っていたSAPアプリケーションのカスタマイズや機能拡張を富士通が「SAP Cloud Platform」上で開発し、提供することで、お客様独自の業務システムとのスムーズな連携を実現します。

【協業の概要】

 「SAP Cloud Platform」は、既にグローバルで多くの企業がデジタル変革の基盤として活用しています。主な機能として、多種多様なシステムでのデータ連携やプロセスの統合、クラウド上でのSAPアプリケーションの機能拡張、およびお客様が独自に開発した機能の提供が可能です。

 両社は、これらの機能を最大限に活用し、お客様のデジタル変革を強力に支援していくため、次の2つのテーマにおいて密に連携し、協力していきます。

(1)SAP補完ソリューションの拡充

 SAP標準アプリケーションにはない新機能などを「SAP Cloud Platform」上で開発し、機能を拡張する。

(2) お客様個社ごとの拡張要件への対応

 お客様の業務拡張に合わせ、新しいアプリケーションを「SAP Cloud Platform」上で開発し、提供する。

 ※参考画像は添付の関連資料を参照

【両社の役割】

・富士通

 現状150名を超えるSAP認定コンサルタント資格を有する「SAP Cloud Platform」のエンジニアを、年間50名規模で育成し体制を強化するとともに、お客様の「SAP Cloud Platform」活用を積極的に推進します。

・SAPジャパン

 「SAP Cloud Platform」の専門技術者を富士通に派遣し、この取り組みを強力に支援します。この専門技術者は、SAP SE(本社:ドイツ ワルドルフ、CEO:ビル・マクダーモット)と連携し、富士通からの「SAP Cloud Platform」に関する技術的な問合わせや課題に対する解決策などについてアドバイスを行います。

以上

【商標について】

 ・SAPおよび記載されているすべてのSAP製品およびサービス名は、ドイツにあるSAP SEやその他世界各国における登録商標または商標です。

 ・その他、記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

【関連Webサイト】

 ・SAPジャパン製品サイト: https://www.sap.com/japan/products/cloud-platform.html

 ・富士通製品サイト: http://www.fujitsu.com/jp/services/application-services/enterprise-applications/sap/?featuredlink)

【注釈】

 (注1) SAPデータセンター:SAPが保有する各国、地域のデータセンター。

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0508176_01.JPG