【レポート】AMP広告配信の効果検証

〜AMP配信による配信速度と効果(CTR・CPA)の改善〜

 

 ソネット・メディア・ネットワークス株式会社(以下SMN)は、この度、モバイルページ向け広告配信、AMP(Accelerated Mobile Pages)に関する効果検証を行いました。

 AMPは、Googleを中心とした複数の企業で進められている、モバイルページ表示の高速化を実現するプロジェクトです。AMP対応したページは、HTMLをあらかじめサーバー側でキャッシュすることで、モバイル端末からアクセスしたページの表示速度を大幅に短縮します。

 当社では、2017年11月より、DSP(*)「Logicad」において、AMP(Accelerated Mobile Pages)対応ページに向けた広告配信の高速化を開始しています。今回は、AMP配信による配信速度、CTR、CPAの改善について効果検証を行い、以下の結果がわかりました。

【概要】

 ・検証内容:AMP配信による配信速度と効果(CTR・CPA)の改善

 ・期間:2019年3月19日〜3月26日

 ・デバイス:モバイル端末

 ・クリエイティブ(バナー広告)の種類:静止画

 ・広告枠:AMP対応ページ、HTMLページ(AMP非対応ページ)に設置された広告枠

 ・配信形態:広告枠(在庫)別に以下2通りの配信パターンで比較検証を実施

  1.従来の広告配信(非高速化):通常配信

  2.高速化した広告配信:AMP配信

 ・検証対象のインプレッション(広告表示)数の期間内総計

  1.AMP対応ページ:320万imp

  2.HTMLページ(AMP非対応ページ):2,200万imp

 ※以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0508099_01.pdf