ALSIの情報漏洩対策シリーズ「InterSafe ILP」が、DDS社の多要素認証基盤「EVE MA」と連携

-ユーザ利便性の向上ならびに、より強固なセキュリティを実現-

 

 アルプス システム インテグレーション株式会社(本社:東京都大田区、代表取締役社長:永倉仁哉、以下 ALSI〔アルシー〕)は、当社が提供する、情報漏洩対策シリーズ「InterSafe ILP(インターセーフ アイエルピー)」と、指紋認証をはじめとした様々なセキュリティソリューションを提供する株式会社ディー・ディー・エス(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長:久保統義、以下:DDS)の多要素認証基盤「EVE MA(イブ・エムエー)」の連携を相互に確認し、共同で拡販を開始することを発表いたします。

■提供概要

 ・対象シリーズ名:情報漏洩対策シリーズ「InterSafe ILP」

 ・主な連携機能:多要素認証によるInterSafe ILPの各種ユーザ認証およびシングルサインオン

 ・ターゲット:官公庁、自治体、教育機関、金融機関、医療機関、企業など

 ・詳細情報 URL: https://www.alsi.co.jp/security/ilp/

■提供の背景

 情報漏洩リスクが多様化する中、テレワークの安全な実施や、GDPR(General Data Protection Regulation:EU 一般データ保護規制)への対応など、一層の対策強化が求められています。

 文部科学省が策定した「教育情報セキュリティポリシーに関するガイドライン」では、外部流出・なりすましによる不正利用リスクがあるID/パスワードによる認証だけでなく、指紋等による生体認証や、ICカード等による物理認証など、他の認証ファクタを組み合わせる二要素認証(多要素認証)や、ファイル暗号化等による多重の安全管理措置が推奨されており、セキュリティ向上とあわせてユーザ負担の軽減も課題であるといえます。

 この度、情報漏洩対策シリーズ「InterSafe ILP」と、DDSの多要素認証基盤「EVE MA」の連携が可能になることで、ユーザの利便性向上ならびに、より強固な情報漏洩対策が可能になります。

 ALSIの情報漏洩対策シリーズ「InterSafe ILP」は、情報の持ち出し・持ち込み制御と持ち出し後の安全な活用を実現し、自由な組み合わせで導入ができるシリーズ製品群です。強固なログ管理機能や、SBC仮想環境にも対応し、多様化する情報漏洩リスクへの対策を実現します。

■連携のメリット

(1)多要素認証によるユーザ認証・シングルサインオンによる利便性の向上

 「EVE MA」と連携することで、ユーザ負荷の少ない生体認証(指紋、顔、指静脈、手のひら静脈)をはじめとする多要素認証を使ったユーザ認証が実現するほか、ログイン ID/パスワードなどの手入力を行うことなく自己復元型の暗号化ファイル及び、パスワード付きZIPファイルの作成が可能になります。

 また、Windows ログオン時の「EVE MA」による認証のみで、「InterSafe ILP」クライアントへのシングルサインオンが実現し、ユーザ利便性の向上・負荷軽減に寄与します。

 ※参考画像は添付の関連資料を参照

(2)認証強度の向上によるセキュリティ強化

 多要素認証による高精度な本人認証により、従業員や関係会社の社員による、なりすましや不正利用を防ぎ、より強固なセキュリティ対策を実現します。

 両社は、この度の共同プレスリリースの発表を機に、「働き方改革」を推進する上で不可欠なテレワーク環境のみならず、各省庁管轄化のガイドライン準拠を推奨される業種におけるPCのセキュリティ対策強化をより一層推進し、お客様のビジネスをサポートしてまいります。

 ※以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0508054_01.jpg

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0508054_02.pdf