シルバーエッグ・テクノロジー、見込み顧客可視化AIツール『プロスペクター』に、LINE配信機能を追加

「LINE公式アカウント」で、配信対象を厳選しコストパフォーマンスの高い広告配信を実現

 

 シルバーエッグ・テクノロジー株式会社(本社:大阪府吹田市、代表取締役社長&CEO:トーマス・フォーリー、東証マザーズ:3961、以下 シルバーエッグ社)は、2019年4月18日、人工知能(AI)技術を用いた見込み顧客可視化ツール『プロスペクター』に、LINE配信機能などを追加した新バージョンをリリースいたしました。

 ※参考画像は添付の関連資料を参照

 見込み顧客可視化ツール『プロスペクター』は、顧客の購買履歴などの行動データをAIが分析し、特定の製品に対して「親和性の高い顧客(プロスペクト)」を抽出、リスト化するツールです。今回のバージョンアップでLINE配信機能が実装されたことにより、ECサイトなどの事業者は、特定のアイテム(商品)に興味を持ちそうな顧客だけを一定数抽出し、自社のLINE公式アカウントを通じて広告を配信することが可能になります。

■追加機能概要

 今回のバージョンアップによる主な追加機能は次の2点です。

 1.『プロスペクター』によるLINE公式アカウント経由でのメッセージ配信機能

  - メッセージに掲載するアイテム(商品)の見込み顧客抽出、配信数指定機能

  - メッセージ作成機能(テキスト、画像、カルーセルの組み合わせ)

  - メッセージ予約配信機能

 2. 複数のアイテムを組み合わせた、コンビネーション見込み顧客抽出機能

■サービス開発の背景

 SNSマーケティングでは、Eメール以上に、「好みに合わない広告」の配信がユーザーの離反要因となると言われています。またLINE法人向けサービスの通数課金制プラン移行に見られるように、配信コストの増大も大きな課題となっています。

 シルバーエッグ社では、レコメンドサービスで定評のある自社開発AIエンジンを活用し、高精度のパーソナライズド・プロモーションを実現するため、『プロスペクター』の開発を行ってまいりました。本サービスのテストユーザー様のお声などから、本サービスが上記に代表されるSNSマーケティングの課題にも有効であると考え、今回の追加機能をリリースいたします。

 シルバーエッグ社では、今後もAI技術をベースにしたデジタルマーケティングサービスの提供を通じて、多様なマーケティング施策の効果向上を支援するとともに、あらゆるチャネルとデバイス上での、パーソナライゼーションによる付加価値向上を実現してまいります。

■基本情報

 ○サービス名:プロスペクター Ver. 1.1

 ○リリース日:2019年4月18日

 ○価格:月額定額制・詳細はお問い合わせください

  お問い合わせフォーム: https://www.silveregg.co.jp/inquiry.html

■シルバーエッグ・テクノロジー株式会社 会社概要

 ○社名:シルバーエッグ・テクノロジー株式会社

 ○代表者:代表取締役社長&CEO トーマス・フォーリー

 ○所在地:

  〈大阪本社〉大阪府吹田市江坂町1-23-43 ファサード江坂ビル10F

  〈東京オフィス〉東京都千代田区永田町2-13-1 オカムラ赤坂ビル7F

 ○設立:1998年8月26日

 ○資本金:271百万円(2019年3月31日現在)

 ○URL: https://www.silveregg.co.jp/

 ○事業内容:AI(人工知能)技術をベースにしたデジタルマーケティングサービスの開発・提供

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0508030_01.jpg