準天頂衛星みちびきに対応したドローン及びNTTグループのAI技術を活用した

スマート営農ソリューションの実証実験を開始

〜就農人口減少や地球温暖化による課題に対応する農業分野のデジタルトランスフォーメーションに貢献〜

 

 NTTグループ(※)、ふくしま未来農業協同組合、株式会社エンルート、日本農薬株式会社は、準天頂衛星みちびきに対応したドローン(以下、みちびき対応ドローン)やNTTグループの先進的なAI技術を活用したデータドリブンなスマート営農ソリューションの実証実験を行います。

 本実証実験は、福島県南相馬市原町区鶴谷地区にて、福島第一原発事故に伴う避難指示の解除後、初めての稲作を2018年に再開した株式会社アグリ鶴谷(つるがい)の農場で、福島県の水稲オリジナル品種「天のつぶ」を対象に実施します。なお、本実証実験の一部(注1)は、農林水産省「スマート農業技術の開発・実証プロジェクト」における実証課題として2019年3月に採択されました。

 ※NTTグループ(五十音順):NTT空間情報株式会社、株式会社NTTデータ、株式会社NTTデータCCS

  株式会社NTTドコモ、株式会社クニエ、株式会社ハレックス、日本電信電話株式会社、東日本電信電話株式会社

 *以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0508029_01.pdf