「Office 365」の丸ごとバックアップと移行サポートをパッケージにした「クラウドバックアップ」の提供を開始

 

 NTT コミュニケーションズ(以下 NTT Com)は、統合型情報共有クラウドサービス「Office 365」の追加メニューとして、「Office 365」のデータバックアップサービス「クラウドバックアップ」(以下 本サービス)の提供を、2019 年 4 月 18 日より開始します。

1.背景

 「Office 365」を利用されている企業においては、コンプライアンスや監査対応を目的として、「Office 365」のオプション機能であるメールデータのバックアップ・アーカイブサービスの利用が浸透しています。

 また近年では、個人情報の適切な保管や BCP 対策などへの関心の高まりを受け、メール以外のデータなどについても、バックアップを行いたいというニーズが増えてきています。

 これを踏まえ NTT Com は、米国において「Office 365」のデータバックアップサービス提供実績が豊富な SkyKick,Inc.と協業し、同社サービスを活用した「クラウドバックアップ」の提供を開始します。

2.概要

 「クラウドバックアップ」は、「Office 365」における主要サービスのデータを自動でバックアップ(※1)し、万が一ファイルを消失した際には専用のポータルサイトから迅速に復元ができるサービスです。

 また、新たに「Office 365」の利用を始められるお客さま向けに、バックアップ機能に加え、メールデータの移行や導入サポートサービスをセットにした「移行サポートパック」もご用意しており、これから「Office 365」を利用したクラウド環境を構築されるお客さまのスムーズな導入を支援します。

 *以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0508002_01.pdf