ウォッチガード、シンプルでスケーラブルなセキュリティの導入、管理、レポーティングを実現するMSP向けWatchGuard Cloud プラットフォームを発表

強力なクラウドプラットフォームによるセキュリティサービスの迅速な導入と自由なスケーリングでITソリューションプロバイダの運用効率と収益性の向上を支援

 

 2019年4月18日(木)−企業向け統合型セキュリティプラットフォームのグローバルリーダであるWatchGuard(R)Technologiesの日本法人、ウォッチガード・テクノロジー・ジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表執行役員社長 谷口 忠彦、以下ウォッチガード)は、クラウドベースのシングルインターフェースにより、セキュリティ管理とレポーティングを一元化するWatchGuard Cloud プラットフォームを発表しました。WatchGuard Cloudは、マネージドサービスプロバイダのサポートを念頭に構築されており、インフラコストの削減、顧客獲得の加速、そしてレポーティングおよび運用タスクに要する時間の短縮を可能にします。

 ウォッチガードのプロダクトマネジメント担当シニアバイスプレジデントであるAndrew Young(アンドリュー・ヤング)は、以下のように説明しています。「MSPでは、セキュリティの強力な知見、優れたスケーラビリティ、そして容易な導入プロセスを提供する最先端のクラウドホステッドセキュリティソリューションを必要としています。ウォッチガードのミッションはサイバーセキュリティをシンプル化することであり、ミッションはエンドユーザのみならず、ウォッチガードの製品やサービスを導入、構成、管理するパートナーにも適用されます。ウォッチガードのDNAにはシンプル性が中核を成しており、この思想を私たちのパートナーにまで拡大したものがWatchGuard Cloudだと言えます。」

 WatchGuard Cloud プラットフォームはMSPの将来を担う管理プラットフォームであり、顧客を保護する方法をシンプル化するとともに、迅速かつ効率的で収益性の高い成長をMSPにもたらします。真のマルチティア、マルチテナント機能を提供し、スケーリングの自動化により、MSPは顧客アカウントの自由な作成と管理、WatchGuardアプライアンスの新規導入、WatchGuard アプリケーションの管理と導入、そして顧客ネットワークにおける貴重な知見の取得を可能にします。

 ※以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0507986_01.pdf