電子チラシサービス「Shufoo!」、アプリをリニューアル

電子チラシメディアから「日常買い物メディア」へ

店舗とユーザーのコミュニケーションを深めるアプリに進化

 

 凸版印刷株式会社のグループ会社である株式会社 ONE COMPATH(ワン・コンパス、本社:東京都港区、代表取締役社長 CEO:早川 礼、(※1))が運営する国内最大の電子チラシサービス「Shufoo!(シュフー)」(※2)は、4月17日にアプリを大幅リニューアルしました。リニューアルによって、チラシだけではなく様々な店舗発信の情報をアピールしやすい画面と操作感(UI/UX)になりました。

 *参考画像は添付の関連資料を参照

 Shufoo!は、2001年8月より凸版印刷株式会社が運営を開始し、2019年4月1日より株式会社 ONE COMPATHが運営している国内最大の電子チラシサービスです。全国のスーパー、ドラッグストアなど約4,000法人、11万店舗の情報を掲載しています。新聞購読者数の減少による折込チラシの減少や、PC・スマートフォン普及による情報取得のデジタルシフトなどを背景にサービス規模を拡大させ、2018年3月にはユーザー数が月間1100万人、同12月には月間PV数が4憶を突破し、電子チラシサービスとして国内No.1のシェアを誇ります。(※3)

■リニューアルの背景

 近年、店舗販促の手段として個店ごとのSNS活用が活発になるなど、きめ細やかでリアルタイム性が高く、実際の売り場をアピールする販促のニーズが高まっています。このニーズに対し、Shufoo!では、スマートフォンから簡単に写真と文章をリアルタイム投稿したり、クーポンやチラシにはない単品情報を掲載できる店舗販促プラン「Shufoo!STORE プラン」の提供を2018年9月より開始しました。手軽さと月額5,000円の低価格で好評を博し、中小事業者の小売業、サービス業など一層幅広い企業や店舗に活用いただけるようになりました。

 チラシ以外のコンテンツの増加を受け、従来チラシ閲覧が中心だったUI/UXを、チラシに加えてリアルタイム投稿やクーポン、お店ごとのお得情報がより見やすくなるUI/UXへとリニューアルしました。生活者がまだ気付いていないお店との接触機会が増え、よく行くお店の情報は得やすくなり、店舗と生活者のコミュニケーションを深めるアプリへと進化しました。

 *以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0507941_01.png

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0507941_02.pdf