中小型船の安全航行をサポートする簡易型AIS NTE-380を発売

 

 日本無線株式会社(本社:東京都中野区、代表取締役社長:荒 健次 以下JRC日本無線)は、小型軽量で中小型船にも搭載しやすい簡易型AIS(*1,2)NTE-380を発売します。

 内航船、漁船、中小型のワークボートやプレジャーボートなど幅広い船舶が、容易にAISに対応できるようにすることで、海の安全をサポートします。(*3)

 ※製品画像は添付の関連資料を参照

■主な特長

・「サイレントモード」を搭載

 スイッチをワンタッチするだけで送信を停止できる「サイレントモード」を搭載しています。サイレントモード中でもAIS情報は受信できます。

 ※参考画像(1)は添付の関連資料を参照

・レーダーやプロッタに接続可能

 レーダーやプロッタにNTE-380を接続してAIS情報を表示できます。周囲の船舶の把握が容易になり、更なる安全航行に寄与します。

 ※参考画像(2)は添付の関連資料を参照

・無線従事者資格不要(*4)

 無線従事者資格が無くても操作できます。

・工事設計認証取得済

 簡易型AISとして工事設計認証を取得しているため、簡易な手続きにより無線局の免許が取得できます。

 *1:簡易型AIS:大型船に搭載が義務付けられたAISの一部の機能を簡略化したもの。

 *2:AIS:Automatic Identification System(船舶自動識別装置)。船名・位置・針路・速度等の船舶の情報を周辺の船舶等に向けて送信するとともに、他船から送信された情報を表示する装置。

 *3:義務船にクラスA AISとして搭載することはできません。

 *4:無線局の開局申請は必要です。

■製品の詳細情報

 簡易型AIS NTE-380

  http://www.jrc.co.jp/jp/product/lineup/nte380/index.html

 注)内容はリリース時現在のものです

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

製品画像

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0507864_01.jpg

参考画像(1)

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0507864_02.jpg

参考画像(2)

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0507864_03.jpg