凸版印刷、日本初 LPWA ZETA通信モジュールを量産開始

広範囲・低電力のZETA通信普及で、超スマート社会に貢献

 

 凸版印刷株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:金子 眞吾、以下 凸版印刷)は、低電力広域ネットワーク(LPWA)(※1)規格ZETAの基幹部品である、通信モジュール「TZM901」シリーズを開発、量産を開始しました。

 ZETAとは、広範囲・低消費電力・低ビットレートの新しい無線通信規格で、凸版印刷はエレクトロニクス事業で培ったモジュール設計技術により、日本製ZETA通信モジュール「TZM901」を設計。ZETAアライアンス(※2)の会員である十和田エレクトロニクス株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:蒲生 雅一)と連携し、同社の製造ラインにて試作、製造及び量産に向けた信頼性評価を行ってまいりました。

 今回、従来製品と比較して約40%の小型化、および周波数誤差や受信感度などの性能向上を実現。さらに、2017年10月1日の電波法施行規則等の一部を改正する省令で追加された「狭帯域の周波数利用における周波数利用効率の向上を図るための指定周波数帯による規定」に適合した工事設計認証(認証番号006-000704)を本製品は取得しており、920.6〜928.0MHz(200kHz間隔38波)を2kHzの狭帯域で利用が可能です。これにより、電波干渉に強く、信頼性の高い通信を実現できます。

 また、UARTとI2Cコネクタを搭載し、100種類以上のGroveセンサーモジュールと接続が可能なZETA通信モジュール向けの評価ボードも同時に開発しました。今後、ZETA対応のデバイス開発や実証実験、産学連携におけるハッカソンイベント等での活用を目指します。

 *製品画像は添付の関連資料を参照

■背景

 IoT製品の本格普及に向けて、データを多数のセンサー端末から収集する方法として、省電力性と広域性に優れ、低コストでネットワーク構築が可能な無線通信であるLPWAネットワークが注目を集めています。LPWAの中で、ZETAは、超狭帯域(UNB: Ultra Narrow Band)による多チャンネル通信、中継器を用いたメッシュネットワークによる広域での分散アクセス、双方向での低費電力通信が可能といった特長を持つ規格です。これまでのLPWAでは対応が困難だった山間部やトンネル、障害物が多い市街地、地下などの通信が届きづらい環境下でも、電池で駆動する中継器を設置することで、低コストに通信エリアを拡大し、安定した通信を行うことが可能となります。この特性を活かし、スマート農水産業、インフラのモニタリング、防災・獣害対策など、様々なIoTサービスの市場開拓が期待されています。凸版印刷は、2018年9月、ZiFiSense Co., Ltd.と、株式会社テクサーとの協業により、ZETA通信モジュールの国内における製造ライセンスを取得し、開発を行ってまいりました。

 今回、TZM901の量産開始により、ZETAを活用したIoT事業を推進していき、社会問題の解決に取り組みます。

 *以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

製品画像

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0507840_01.JPG

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0507840_02.pdf