NSSOL、AI開発プラットフォームKAMONOHASHIをOSS化

 

 日鉄ソリューションズ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:森田 宏之、以下NSSOL)は、AI開発プラットフォームKAMONOHASHIを2019年5月からOSS(オープンソースソフトウェア)にて無償公開いたします。

 ※ロゴは添付の関連資料を参照

 KAMONOHASHIは、NSSOLシステム研究開発センター(*1)が開発した、Deep LearningをはじめとするAIの統合開発プラットフォームです。AI開発では、本業のモデル設計や学習に加え、複雑な環境構築・計算リソースの確保・膨大なデータや試行錯誤履歴の管理など、多くの副次的な作業があります。KAMONOHASHIは、これらの作業を効率化・自動化することにより、AIエンジニアがモデル設計やコーディングに集中できるAI開発環境を実現します。

 ※参考資料は添付の関連資料を参照

 KAMONOHASHIは2016年より約3年間に渡って、社内外のAI開発プロジェクトにて、効率化・高度化に寄与してきました。

 ・約20件のAI開発プロジェクトにて採用

 ・手メーカーのプロジェクトにて2年以上実用され、AIエンジニアの育成・引継ぎにも活用

 ・NSSOLのAIエンジニアのパフォーマンスを最大化し、世界最大規模の機械学習コンペティション「Kaggle」では世界6位入賞に貢献

 この度、KAMONOHASHIをApache2.0ライセンスにてOSSとして公開することが決定いたしました。KAMONOHASHIを用いた快適なAI開発プロセスを提供することで、世界中のAIエンジニアが、既存の汎用的なモデルでは実現できない、高精度のAIを開発することを支援します。

 2019年5月よりGitHubにてソースコードの公開を行い、フィードバックを元に継続的にKAMONOHASHIの機能強化を進めてまいります。詳細は、以下のURLよりKAMONOHASHIについての情報発信を随時行います。

 ・公式サイト https://kamonohashi.ai/

 ・Twitter @Kamonohashi_kqi

 NSSOLは新しい先端技術をいち早く実証・検証し、お客様のビジネスに貢献できるよう、これからもお客様とともに、その先の答えを見つけ出してまいります。

 ※以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

ロゴ

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0507824_01.jpg

参考資料

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0507824_02.jpg

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0507824_03.pdf