Dell EMC、世界No.1の販売実績を誇るサーバー ポートフォリオを強化

管理環境の簡素化とパフォーマンスの向上により、日々複雑化するワークロードに対して柔軟性とセキュリティーに優れた最適化されたプラットフォームを提供

 

■ハイライト

 ・「Dell EMC OpenManage」および「iDRAC」のシステム管理機能の拡張により、「Dell EMC PowerEdge」サーバーの管理/自動化/セキュリティー機能を強化

 ・第2世代インテル(R) Xeon(R) スケーラブル・プロセッサーおよびインテル(R) Optane(TM) DCパーシステント・メモリーが、インメモリー データベース、仮想化、データ アナリティクスのワークロードのアクセラレーションを実現 − 1秒あたり最大2.7倍のトランザクションを処理(*1)

 東京発, 2019年4月16日−

 デル株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長:平手智行、URL:http://www.dell.co.jp/ )と、EMCジャパン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:大塚 俊彦、URL:https://www.dellemc.com/ja-jp/index.htm ):(以下Dell EMC)は、世界No.1の販売実績(*2)を誇るサーバー ポートフォリオ「Dell EMC PowerEdge」の機能を強化し、4月17日より提供開始することを発表しました。この機能強化により、日々のワークロードをサポートする管理性、セキュリティー、パフォーマンス、スケーラビリティーを高め、これまで以上にクラウド、アナリティクス、ソフトウェア デファインド データセンターなどの用途に最適なプラットフォームを提供します。

■DELL EMCが、日々複雑化するワークロードをサポートする高度なインフラストラクチャーを提供

 「PowerEdge」サーバーの自動化された、セキュリティーと拡張性の高いプラットフォームによって、運用効率とビジネスのデジタルシフトのバランスを取ることが可能になります。これはIT環境が厳格なSLA(サービス レベル アグリーメント)を遵守しながら、変化するワークロードに対応することを意味しており、このプラットフォームにより新たなビジネスが創造され、顧客との関係性が強化されます。

 「PowerEdge」および「Dell EMC OpenManage」システム管理には今回、様々な機能拡張が行われていますが、この中でも、「OpenManage FlexSelect Manage」および「FlexSelect Secure」は、「PowerEdge」システムの管理性とセキュリティーの柔軟性を飛躍的に高める新機能です。これを導入した企業は、これまでになかった次のようなメリットと能力を活用することがきます。

 ※以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0507738_02.pdf