UiPath社、SAPユーザー向けの業務自動化ロボット開発を効率化・最適化する共通部品を「UiPath Go!」で提供開始

数日〜数週間かかるワークフロー開発を最短数時間で完了可能とするSAP(R) ERPおよびSAP S/4HANA(R)向け共通部品

 

 東京 2019年4月10日 −ロボティック・プロセス・オートメーション(Robotic Process Automation 以下、RPA)ソフトウェアにおけるリーディングカンパニー、米UiPath(ユーアイパス)社の日本法人であるUiPath株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役 CEO:長谷川康一、以下「UiPath社」)は、本日、SAP(R) ERPおよびSAP S/4HANA(R)における自動化ワークフロー開発を効率化・最適化する共通部品「UiPath Reusable Component for SAP ERP・SAP S/4HANA」を、UiPathユーザーが取得可能な「UiPath Go!」(※)での配信を開始しました。

 UiPath Reusable Component for SAP ERP・SAP S/4HANAは、UiPath社が開発したSAP ERPおよびSAP S/4HANA向けの共通部品です。ユーザーは、UiPath上で対象となる部品を呼び出し、簡単な設定をするだけでSAPシステムにおける自動化を実現できます。

 これまでSAP ERPおよびSAP S/4HANAユーザーが、UiPathを使ってSAPシステム上で作業を行うワークフローを開発する際、画面上で処理ステップを1項目ずつ定義し、必要に応じて繰り返し処理やエラー分岐処理を追加定義する必要がありました。たとえば、SAPシステムへの「ログオン」「テーブルデータ抽出」「ログオフ」という一連の動作を行うワークフローを開発する場合、処理ステップの設定、エラー分岐等の設定、テスト等を含めて、数日〜数週間を要していました。今回配布開始した部品を活用すれば、SAPに習熟していないユーザーも、このワークフロー開発を数時間〜1日程度で完了することができます。

 今回は、SAP ERPおよびSAP S/4HANAを利用するユーザーにとって最も一般的な機能をパッケージ化しました。ログオン/ログオフ等の初期動作をメインとした共通部品のBasic Packageを提供します。

■UiPath Reusable Component for SAP ERP・SAP S/4HANA Basic Packageで提供する部品

 ●テーブルデータ抽出

 ●パスワード更新

 ●ログオン

 ●ログオフ

 ●汎用モジュール実行

 ●フリーズハンドラー(一定時間フリーズしている処理を切断する機能)

 ●ビジブルテーブルカウンター(表の列数を算出する機能)

 ●バッチインプットデータ作成

 UiPath Reusable Component for SAP ERP・SAP S/4HANAは、UiPathユーザーに無償提供されます。SAP ERPおよびSAP S/4HANAを利用する国内ユーザーからの要望が数多く寄せられていたことから、国内で開発が進められ、このたびUiPath Go!での提供を開始することとなりました。今後も、主要モジュールで頻繁に利用するマスタデータに対する処理機能や、主要モジュールで頻繁に利用するトランザクションデータに対する処理機能などもパッケージ化し、2019年中に順次提供開始する予定です。

 UiPath社は、SAP ユーザーの業務の効率化だけにとどまらず、SAP S/4HANAへの移行作業の軽減、アドオン機能開発削減にも役立つツールとなるよう、開発に取り組んでいきます。

  ※2019年4月現在、「UiPath Go!」に関する問い合わせは、英語でのみ行っております。日本語での開始と、日本語でのコンテンツ・ウェブサイトのローカライズについては、後日対応の予定です。

以上

■UiPath社について

 UiPath社は、お客様の業務プロセスを効率的に自動化するためのソフトウェアプラットフォームを提供する、世界のトップRPAカンパニーです。米国を本社とするUiPath社は、日本、英国、ルーマニア、フランス、ドイツ、インド、シンガポール、香港、オーストラリア等に拠点を持ち、約2,700社のRPAによる自動化実績を有しています。

 日本法人は2017年2月に設立されました。すでに900社(2019年3月末現在)のお客様でご利用頂いております。

 より詳細な情報は同社のウェブサイトをご参照ください。( https://www.uipath.com/ja/ )

 ※SAP、SAP ERP、SAP S/4HANAは、ドイツおよびその他の国々におけるSAP SEの商標または登録商標です。