フォルクスワーゲンがAutomotive Grade LinuxとThe Linux Foundationに加盟、オープンソース イノベーションと共同ソフトウェア開発を加速

ドイツの大手自動車メーカーがオープンソースと車載ソフトウェア共同開発への投資により、自動車製造業からモビリティ プロバイダーへ変革を続ける

 

 2019年4月8日 サンフランシスコ発−コネクテッドカー向けのオープン プラットフォームを開発するクロスインダストリ共同開発プロジェクトAutomotive Grade Linux( https://automotive.linuxfoundation.org/ )は、フォルクスワーゲン( https://www.volkswagenag.com/# )がAutomotive Grade Linux (AGL)とオープンソースを通じた大規模イノベーションの実現に取り組む非営利団体Linux Foundation( http://www.linuxfoundation.org/ )に加盟したことを発表しました。

 AGLはLinux Foundationのオープンソース プロジェクトで、自動車メーカーがソフトウェアを構築する方法に変革をもたらします。インフォテインメント、テレマティックス、インストルメント クラスター アプリケーション向けの業界のデファクトスタンダードになり得る共通のプラットフォーム開発で130社を超えるメンバー企業が協力しています。業界全体でオープン プラットフォームを採用することにより、自動車メーカーとサプライヤーが同じコードベースを共有、再利用でき、その結果、開発コストを削減し、新製品の市場投入までの時間を短縮し、業界全体の断片化を軽減します。

 The Linux Foundation の Automotive Grade Linuxエグゼクティブ ディレクターであるDan Cauchyは、次のように述べています。

 「自動車業界はデジタル トランスフォーメーションを遂げており、自動車メーカーとサプライヤーは、急速なイノベーションを推進し、よりスピーディーに製品を市場に投入できるAGLプラットフォームのようなオープンソース ソリューションの採用を次第に増やしています。フォルクスワーゲンをAGLコミュニティに迎え入れることに大変興奮しています。AGLプラットフォームの強化と新機能の開発を継続する中で、フォルクスワーゲンの開発者とエンジニアのテクニカルな専門知識を活用することを楽しみにしています。」

 2008年フォルクスワーゲンは、コントローラ エリア ネットワーク(CAN)バス ネットワーキング サブシステムをLinux Kernel 2.6.25にコントリビュートしました。これはデベロッパー向け標準ソケットAPIと、SoCおよびPCスタイルCANハードウェア向けコモンCANネットワーク ドライバーモデルの下地を作りました。このコントリビューション プロセスの間に、フォルクスワーゲンと自動車業界以外のCANユーザーはお互いのユースケースから多くのことを学び、そのため現在のLinux CANサポートは産業、自動車および学術機構(例 CERN)で広く使用されています。

 フォルクスワーゲンのオープンソース スペシャリストであるOliver Hartkopp氏は、次のように述べています。

 「オープンソース アプローチは、車のライフサイクルに合ったソフトウェアの長期サポートを可能にするのに適した素晴らしいソフトウェア ソリューションを提供します。お客様のために堅牢でセキュアなソリューションを確保するために、開発者やメンテナーと直接やり取りできるようコミュニティと緊密に連携できればと考えています。」

 コミュニティと協力し、知識やアイデア、ソースコードを提供するには、自動車業界の新しい考え方が必要になります。フォルクスワーゲンはAGLに参加し、コミュニティのメンバーとして共通の車載Linuxプラットフォーム開発を行います。

 多数のメンバー企業による協業プロジェクトを通じて開発されたAGL Unified Code Base(UCB)プラットフォームは、インフォテインメント、テレマティックス、インストルメント クラスター アプリケーション向けのオープンソース ソフトウェア プラットフォームです。製品プロジェクトを開始するための70%を提供し、OS、ミドルウェア、アプリケーション フレームワークが含まれます。自動車メーカーとサプライヤーは自社製品と顧客ニーズに対応するように機能、サービス、ブランディングに合わせてプラットフォームをカスタマイズできます。

■Automotive Grade Linux(AGL)について

 Automotive Grade Linuxは、自動車メーカー、サプライヤー、技術系企業などを結集し、コネクテッドカー向けフル オープン ソフトウェア スタックの開発導入を促進するオープン ソース共同開発プロジェクトです。AGLはその中核にあるLinuxの強みを生かし、新しい機能や技術の高速開発を可能にする業界デファクトスタンダートのオープン プラットフォームをゼロから開発しています。AGLは、当初はおもに車載情報機器(In-Vehicle-Infotainment:IVI)を対象にしていましたが、計器盤、ヘッドアップ ディスプレイ、テレマティクス、先進運転支援システム(Advanced Driver Assistance Systems:ADAS)、自動運転などあらゆる車載ソフトウェアへの対応を予定している唯一の組織です。AGLプラットフォームは誰でも使用でき、誰でもその開発に参加できます。詳細情報はこちらです。https://www.automotivelinux.org/

 Automotive Grade Linuxは、The Linux Foundationがホストするプロジェクトです。Linux Foundationプロジェクトは独立した資金によるソフトウェア プロジェクトで、共同開発の力で業界やエコシステム全体のイノベーションを推進しています。

■その他の資料

 ・開発者リソース

  https://wiki.automotivelinux.org/

 ・AGLコミュニティについて

  https://www.automotivelinux.org/community

 ・Automotive Grade Linuxへの参加

  https://www.automotivelinux.org/about/join

■Linux Foundationについて

 2000年に設立されたLinux Foundationは、1,000を超えるメンバーによってサポートされており、オープンソース ソフトウェア、オープン スタンダード、オープン データ、およびオープン ハードウェアに関するコラボレーションにおいて世界をリードしています。Linux、Kubernetes、Node.jsをはじめとするLinux Foundationのプロジェクトは、世界のインフラに必要不可欠な存在です。Linux Foundationは、ベスト プラクティスを活用し、貢献者、ユーザー、およびソリューション プロバイダーのニーズに対応することにより、サステナブルなオープン コラボレーション モデルを生み出します。詳細については、https://www.linuxfoundation.org/ をご覧ください。

 The Linux Foundationはさまざまな商標を登録および使用しています。The Linux Foundationの商標一覧はこちらのページ( https://www.linuxfoundation.jp/trademark-usage/ )でご確認いただけます。

 LinuxはLinus Torvaldsの登録商標です。