XYZプリンティングジャパン、

4月8日より世界初FFF方式フルカラー3Dプリンターのコンパクト版

「ダヴィンチ Color mini」の正式販売を開始

 

 XYZプリンティングジャパン株式会社(本社:東京都板橋区、代表取締役:沈 軾栄(Simon Shen)は4月8日より、FFF(熱溶解樹脂積層)方式と3Dカラージェット技術を搭載した、世界初フルカラー3Dプリンター「ダヴィンチ Color」のコンパクト版「ダヴィンチ Color mini」の正式販売を開始します。希望小売価格は248,000円(税抜・送料込)で、当社公式オンラインショップ( https://www.xyzprinting.com/eshop/ja-JP/ )、ECサイト(Amazon、Yahoo!ショッピング、楽天)、販売代理店サイトにて販売します。

 ※製品画像は添付の関連資料を参照

 本製品は、2019年2月6日に当社オンラインショップで予約販売を開始したもので、特別価格の限定48台は8日間で予約受付を終了し、ダヴィンチシリーズのなかで、最も予約販売開始からの反響が高い製品となりました。なお当社では、世界初のFFF(熱溶解樹脂積層)方式フルカラー3Dプリンター「ダヴィンチ Color」のコンパクト版という機能性ならびに価格優位性が、従来以上の反響に繋がっていると分析しています。

 「ダヴィンチ Color mini」は、当社が2017年に販売を開始した世界初のFFF(熱溶解樹脂積層)方式フルカラー3Dプリンター「ダヴィンチ Color」のコンパクト版で、本体サイズは507x447x541mm(幅×奥行×高さ)、重量は24kgと、「ダヴィンチ Color」の約2分の1へと小型化(体積比)を実現、最大印刷範囲を130x130x130mm(幅×奥行×高さ)としています。

 コンパクト版でありながら、3Dカラージェット技術の搭載によりフルカラーでの精密なカラーリングも実現するなど「ダヴィンチ Color」の主な機能を保持するほか、追加機能としてステンレスエクストルーダーを標準装備し、エクストルーダーの耐久性が向上しました。なお、オプションパーツを使用することで、メタリックPLA、カーボンPLAの使用や革・木材・厚紙・プラスチックなどへのレーザー刻印も可能となるなど、3Dプリンターとしても高い機能を有しています。

 当社では今後も、機能性ならびに価格優位性の高い3Dプリンターの展開を通じて、趣味での利用からプロフェッショナルに至るまで、幅広い分野におけるものづくりに貢献して参ります。

 ※以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

製品画像

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0506593_01.jpg

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0506593_02.pdf