安心安全にMicrosoft Azureを活用するノウハウをまとめた

「クラウドリファレンスキット for Azure」ガイドラインを提供開始

〜ITガバナンス強化と導入スピード向上を両立〜

 

 SCSK株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役 社長執行役員 最高執行責任者:谷原 徹、以下 SCSK)は、企業が安心安全にMicrosoft Azureを活用するためのサービス「クラウドリファレンスキット for Azure」のうち、これまでSCSKが手がけてきたMicrosoft Azure構築における運用ノウハウをまとめたガイドラインとAzure標準運用ツールを、2019年3月29日から提供開始します。

1.背景

 デジタル・トランスフォーメーション(DX)を支えるため、企業のIT環境にも大きな変革が求められる中、クラウドサービスの活用が加速しています。一方、クラウドサービスの浸透により、ITリソースの調達が容易となったことで、各事業部門が独自のルールで構築したシステムの乱立を招き、情報漏えいなど企業のセキュリティリスクが増大しています。

 このような課題を解決するために、企業が安心安全にMicrosoft Azureを活用するためのサービス「クラウドリファレンスキット for Azure」のうち、これまでのMicrosoft Azure構築・運用を手がけてきたノウハウをまとめたガイドラインと、Microsoft Azureの運用設定を自動化するツールの提供を開始します。このサービスにより、お客様の迅速かつ安心安全なクラウド導入とITガバナンスの維持強化を実現します。

 ※以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0506445_01.pdf