KDDI、新しい10.5インチのiPad Air、7.9インチのiPad miniを発売開始

 

 KDDI、沖縄セルラーは、さらにパワーアップし、Apple Pencil対応(注1)、Neural Engineを搭載したA12 Bionicチップ、True Toneテクノロジーを採用したRetinaディスプレイ、さらに性能が向上したカメラと一日中使えるバッテリー駆動時間(注2)を誇る、全てが新しくなった10.5インチのiPad Air、7.9インチのiPad miniを発売します。

 新しいiPadはiPad取り扱い店およびau Online Shopで、2019年3月30日から発売を開始します。

 価格等の詳細は、以下KDDIホームページをご参照ください。

 ・iPad Air( https://www.au.com/ipad/charge/price-air/ )

 ・iPad mini( https://www.au.com/ipad/charge/price-mini/ )

 超薄型の10.5インチのデザインの全てが新しいiPad Airは、最新の技術革新とハイエンドのパフォーマンスを、驚きの価格で提供します。AppleのNeural Engineを搭載したA12 Bionicチップにより、新しいiPad Airはパフォーマンスが70%高速化したほか、グラフィックス性能も2倍となりました。さらに、True Toneテクノロジーを採用した先進的なRetinaディスプレイは従来モデルより約20%大きく、50万以上多いピクセル(注3)を持っています。

 最新のテクノロジーが詰まったコンパクトで極めて持ち運びに便利なデザインが大好きなiPad miniのファンのために、メジャーアップグレードとなる新しい7.9インチiPad miniを発表しました。A12 Bionicチップを搭載した新しいiPad miniは、パワフルなマルチタスキングを可能にし、これまでより3倍速いパフォーマンスと9倍速いグラフィックス性能(注4)を届けます。True Toneテクノロジーと広域色をサポートした先進的なRetinaディスプレイはこれまでより25%明るく(注4)、どのiPadよりも高いピクセル密度を持ち、どのようなセッティングでも没入感のある視覚の体験を提供します。

 パワフルで賢いA12 Bionicチップは新たなレベルのパフォーマンスとスピードを発揮し、今後必要となるコンピューティングのタスクや、魅力的なAR体験、3Dゲームの中でのフォトリアルなエフェクト、そしてアプリケーション内での目を奪うようなグラフィックス性能を実現します。

 先進的なフロントカメラとバックカメラを備えたiPad miniとiPad Airは、とても美しい写真を撮り、クリアで安定した1080p HDビデオを撮影できます。

 Apple Pencilは書類の作成そして写真のレタッチまでできるので、クリエイティビティと生産性の可能性をもたらします。

 新しいiPadは、高速Wi-Fiやギガビット級のLTEの接続機能を搭載しているため、これまで以上に簡単により速くつながっていられます。

 iPadの詳細は、 https://www.apple.com/jp/ipad/ をご参照ください。

 注1)別売りの第1世代Apple Pencil

 注2)電池の寿命は、機器の設定、使用方法、その他の要因によって異なります。実際の結果は異なる場合があります。

 注3)9.7インチiPadとの比較

 注4)前世代のiPad miniとの比較

 ※ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。

  商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。