堺市のICTを活用したまちづくりについて

 

 堺市のICTを活用したまちづくりへの貢献を目的とし、株式会社エヌ・ティ・ティ・アド(代表取締役社長:長谷部 敏治、以下 NTTアド)と西日本電信電話株式会社 関西事業本部(取締役 関西事業本部長:岸本 照之、以下 NTT西日本)は、堺市とともに2019年3月21日より仮想現実(Virtual Reality、以下 VR)、拡張現実(Augmented Reality、以下 AR)を活用した百舌鳥古墳群周遊アプリケーション「百舌鳥古墳群周遊ナビ」(※1)の公開及び、Japan Travel Guide(TM)(※2)(以下 JTG)を活用した誘客プロモーションの取組みと古墳群周辺エリアでのインターネット環境整備に取り組みます。

 ※1 「百舌鳥古墳群周遊ナビ」は、堺市が提供するアプリです。

 ※2 Japan Travel Guide(TM)は、NTTアドが提供するスマートフォンやタブレットに対応した外国人観光客向けの観光アプリです。

  Japan Travel Guide(TM)は、NTTアドが商標登録出願中です。

1.背景

 堺市とNTT西日本が2017年1月24日に締結した、ICTを活用したまちづくりに関する連携協定(※3)に基づき、NTT西日本は堺市におけるICTを活用したまちづくりについて取り組んできました。その一環として、堺市内に現存する百舌鳥古墳群に初めて訪れた方が、歴史・文化に触れることで、その価値や魅力を分かりやすく理解しながら周遊していただくこと、また、世界文化遺産登録をめざす百舌鳥古墳群をはじめ、数多くの由緒ある寺社や、刃物、線香、自転車等の伝統産業といった堺が誇る様々な観光資源を効果的に発信すること等を目的に、NTTアドとともに、スマートフォン・タブレット端末向けアプリケーションの公開、JTGを活用した誘客プロモーション及び、Wi-Fiネットワーク環境を整備することとなりました。

 ※3 ICTを活用したまちづくりに関する連携協定の締結について(2017年1月24日) https://www.ntt-west.co.jp/news/1701/170124a.html

 *以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0505654_01.pdf