リリースから2周年のMicrosoft Teams、新たなエクスペリエンスでインテリジェントなワークプレースを実現

 ・著者:Microsoft 365、ゼネラル マネージャー、Lori Wright

 ・公開日時:2019年3月19日午前7時(太平洋時間)/午前10時(東部時間)

 

 このたび、Microsoft Teamsの全世界リリースから2周年を迎えます。この2年間、Teamsはユーザーどうしをつなぎ「エンゲージメント」と「インクルージョン」の文化を育成するチームワークのハブとして、数々の新機能を追加しながらユーザー数を拡大し、飛躍的に成長してきました。今回、Teamsにおいて8つの新機能を発表いたします。これにより、チームの一体感を高め、より効率的で安全なコラボレーションを実現します。

 現在、Fortune 100企業の91社をはじめ、50万以上の組織のお客様がTeamsを使用して、地域、時差、言語の壁を越えてコラボレーションを実現しています。たとえば、Cerner、Cox Automotive、dm-drogerie markt、Dr.Reddy’s Laboratories、Hendrick Motorsports、コニカミノルタ、Lexmark、三井物産、National Bank of Canada、Pfizer、Razer、リコー、Trek Bicycleといった企業の皆様にお使いいただいています。Teamsは現在44の言語をサポートし、181の市場で提供されています。近日中には、ヒンディー語、フィリピノ語、ベンガル語、テルグ語、タミル語、マラーティー語、グジャラート語、カンナダ語、マラヤーラム語の9言語のサポートも開始いたします。

 ※参考画像は添付の関連資料を参照

 ※以下は添付リリースを参照

◆マイクロソフトに関する詳細な情報は、下記マイクロソフトWebサイトを通じて入手できます。

 ・日本マイクロソフト株式会社 Webサイト

  < https://www.microsoft.com/ja-jp/ >

 ・マイクロソフトコーポレーション Webサイト

  < http://www.microsoft.com/ >

 *Microsoftは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。

 *その他、記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

 本情報の内容(添付文書、リンク先などを含む)は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0505553_01.jpg

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0505553_02.pdf