ALSI、暗号解除ログアラートやSBC 仮想環境に対応した「InterSafe ILP Ver.6.5」を3 月20 日より販売開始

—内部不正対策を強化し、ネットワーク分離環境でのファイル暗号化も実現—

 

 アルプスシステムインテグレーション株式会社(本社:東京都大田区、代表取締役社長:永倉仁哉、以下ALSI〔アルシー〕)は、情報漏洩対策シリーズ「InterSafe ILP(インターセーフ アイエルピー)」をバージョンアップし、2019 年3 月20 日より販売開始することを発表いたします。

■製品概要

 ・シリーズ名:情報漏洩対策シリーズ「InterSafe ILP Ver.6.5」

 ・バージョンアップ対象製品:

  −ファイル自動暗号化ソフト「InterSafe FileProtection」

  −デバイス制御ソフト「InterSafe DeviceControl」

  −持ち出し/持ち込みの申請・承認ソフト「InterSafe WorkFlow」

  −セキュリティUSB メモリ作成ソフト「InterSafe SecureDevice Ultimate」

 ・主な追加機能/強化ポイント:

  (1)ログ検索機能強化・ファイル不正操作疑いの際のログアラート機能

  (2)SBC 仮想環境におけるファイル自動暗号化機能

  (3)既存の社内システムならびに、無害化/ウイルス対策製品との連携

  (4)対象アプリケーションの拡充・USB メモリ登録上限の拡大

 ・提供開始日:2019 年3 月20 日

 ・ターゲット:官公庁、自治体、教育機関、金融機関、医療機関 など

 ・詳細情報URL: https://www.alsi.co.jp/security/ilp/

■バージョンアップの背景

 IPA(独立行政法人情報処理推進機構)が公表している「情報セキュリティ10 大脅威 2019(※1)」によると、組織におけるセキュリティの脅威として、標的型攻撃等の外的要因ならびに、従業員等、組織関係者による情報漏洩・悪用等の内部不正や、従業員の不注意による情報漏洩といった内的要因に関連する脅威が挙がっており、多様化する情報漏洩リスクへの対策が求められている状況であるといえます。

 ALSI の情報漏洩対策シリーズ「InterSafe ILP」は、情報の「持ち出し・持ち込み制御」と「持ち出し後の安全な活用」を実現し、自由な組み合わせで導入ができるシリーズ製品群です。

 この度のバージョンアップでは、多様化する情報漏洩リスクならびにユーザーニーズへ対応するため、ログ管理機能の強化、SBC 仮想環境への対応をはじめとした機能強化を図りました。また、開発キット(FileProtection SDK)の利用による既存システムとの連携、ならびにファイル持ち込み時における他の無害化製品/セキュリティ製品との連携や、対象アプリケーションの拡充を図ることで、高い拡張性と、効率的な運用管理を実現しました。

 *以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0505415_01.pdf