NVIDIA、Jetson Nanoを発表:あらゆるAIモデルに対応する、

小型でありながらパワフルな、99ドルのNVIDIA CUDA-X AIコンピューター

 

 2019年3月18日、カリフォルニア州サンノゼ−GPU Technology Conference−NVIDIAは本日、数百万のインテリジェントなシステムの開発を可能にするAIコンピューター、Jetson Nano(TM)( https://www.nvidia.com/ja-jp/autonomous-machines/embedded-systems/jetson-nano/?nvid=nv-int-mn-78464 )を発表しました。

 この小型でありながらパワフルなCUDA-X(TM)( https://www.nvidia.com/en-us/technologies/cuda-x/#source=pr )AIコンピューターは、最新のAIワークロードに対応した、472 GFLOPSの演算性能を持ちながらもきわめて電力効率がよく、駆動させるための消費電力はわずか5ワットとなっています。

 GPU Technology Conference( https://www.nvidia.com/en-us/gtc/?nvid=nv-int-mn-78459 )でNVIDIAの創業者/CEOであるジェンスン フアン(Jensen Huang)が発表したJetson Nanoは、開発者やクリエーター、ホビイスト向けの99ドルの開発者キットと、量産アプリケーションを見据えたエッジ システムを開発する企業向けの、すぐにでも量産製品への実装が可能な129ドルのモジュールの2種類が用意されています。

 Jetson Nanoは、高解像度センサーに対応しており、多くのセンサーを並行処理できるほか、それぞれのセンサーからの入力データに対して複数の最先端ニューラル ネットワークを実行することができます。さらに、多くの主要なAIフレームワークに対応しており、開発者は、柔軟に適切なモデルやフレームワークを選択して製品に簡単に組み込めます。

 Jetson Nanoは、完全な自律動作マシン向けのパワフルなJetson AGX Xavier(TM)( https://www.nvidia.com/ja-jp/autonomous-machines/jetson-agx-xavier/ )や、エッジでAIを活用するためのJetson TX2( https://www.nvidia.com/ja-jp/autonomous-machines/embedded-systems-dev-kits-modules/?section=jetsonTX2 )が属するJetsonファミリーに加わった、新しい製品ラインナップです。大手のエンタープライズやスタートアップ企業、研究者のニーズに応えてきたJetsonプラットフォームが、Jetson Nanoを介して全世界の3,000万のクリエーターやホビイスト、開発者、発明家および学生の手の届くものとなりました。

 NVIDIAのバイス プレジデント 兼 自律動作マシン担当 ゼネラル マネージャーのディープゥ タッラ(Deepu Talla)は、次のように述べています。「Jetson Nanoによって、誰もがAIをより利用しやすくなります。そのJetson Nanoは、米国を代表するスーパーコンピューターに採用されているアーキテクチャと同一で、同じソフトウェアで動きます。AIを個人のクリエーターやホビイストにもたらすという動きは、イノベーションの新たな世界の幕開けを告げるものであり、多くの人々に、夢のある開発に取り組むモチベーションを与えることでしょう。」

 ※以下は添付リリースを参照

 ※参考画像は添付の関連資料を参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像(1)

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0505396_02.png

参考画像(2)

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0505396_03.png

参考画像(3)

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0505396_06.jpg

参考画像(4)

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0505396_07.jpg

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0505396_01.pdf