NVIDIA、Amazon Web Servicesと連携し、数百万のコネクテッド デバイスでAIを利用可能に

AWS IoT Greengrassを通じて、NVIDIA JetsonでAIをエッジ デバイスにシームレスに展開

 

 2019年3月18日、カリフォルニア州サンノゼ -GPU Technology Conference -NVIDIAは本日、NVIDIA(R)Jetson(TM)( https://www.nvidia.com/ja-jp/autonomous-machines/embedded-systems-dev-kits-modules/?section=jetsonTX2 )とAmazon Web Services(AWS) IoTとのコラボレーションによって、お客様がAIとディープラーニングを数百万のコネクテッド デバイスに展開できるようになると発表しました。

 この共同ソリューションにより、AWS上でモデルの作成、トレーニングおよび最適化が簡単にできるようになり、さらにAWS IoT Greengrassを使うことで、Jetsonを実装したエッジ デバイスにそのモデルを搭載できるようになります。

 NVIDIA Jetsonは電力効率に優れた高性能な演算能力によって、エッジでのAIを実現するプラットフォームです。その用途には、小売り、製造、農業をはじめとした多くの業界における、自律動作マシンやスマートカメラなどがあります。

 AWS IoT Greengrassにより、AWSでの機械学習における推論などをエッジ デバイスにシームレスに拡張することができ、エッジ デバイスは自ら生成したデータを元にしてローカルで動作できる一方、引き続き管理や分析、保証されたストレージの目的でクラウドを使うこともできます。Jetsonが実装されたデバイスは、AWS IoT Greengrassを使うことにより、ほぼリアルタイムで推論を行います。その後、データは、モデルの精度を上げるために、Amazon SageMakerのような機械学習サービスに送り返されます。

 Jetsonには、NVIDIA JetPack(TM)( https://developer.nvidia.com/embedded/jetpack#source=pr )をはじめとする、ソフトウェア ツールとSDKの包括的なセットが付属しています。Jetsonは、MXNetやCaffe、TensorFlow、PyTorchといった、複数のフレームワークにも対応していますので、開発者は、これらのアルゴリズムを使って、実アプリケーションを迅速に実装することができます。

 NVIDIAのバイス プレジデント 兼 自律動作マシン担当 ゼネラル マネージャーのディープゥ・タッラ(Deepu Talla)は、次のように述べています。「Jetsonは、世界最速のスーパーコンピューターに採用されているアーキテクチャ、および統合ソフトウェアと同一のもので設計された、ハイパフォーマンス コンピューターです。最新のJetson Nano( https://www.nvidia.com/ja-jp/autonomous-machines/embedded-systems/jetson-nano/ )からJetson AGX Xavierまで、スケーラブルなプラットフォームを提供することで、IoTデバイスの用途を、小規模なものからパワフルなIoTゲートウェイにまで発展させることができます」

 JetsonとAWS IoT Greengrassの組み合わせにより、IoTデバイスで作動するように最適化された機械学習モデルを簡単に展開することができます。お客様は、データを最初にクラウドに送る必要なく、Jetsonを実装したデバイスで直接、ほぼリアルタイムで推論を行えるため、帯域幅とコストの節約が可能になります。

 ※以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0505394_01.pdf