シルバーエッグ・テクノロジー、香港のAI特化スタートアップアクセラレーター Zerothと業務提携

〜海外の優れたAIサービスの日本市場への投入を目指す〜

 

 AI技術をベースにしたデジタルマーケティングサービスの開発・提供を行うシルバーエッグ・テクノロジー株式会社(本社:大阪府吹田市、代表取締役社長&CEO:トーマス・フォーリー、東証マザーズ:3961、以下 シルバーエッグ社)は、香港のAI・機械学習ベンチャー特化型スタートアップアクセラレーター Zeroth(本社:香港、CEO:Tak Lo)と業務提携をいたしました。

 ※ロゴは添付の関連資料を参照

■提携概要

 本提携に基づき、シルバーエッグ社は海外子会社であるSilver Egg Technology Asia Limited(香港)を通じてZerothに50万米国ドルの投資を行います。シルバーエッグ社はZerothがサポートする有望な新技術および商用サービスの日本市場への投入を行い、戦略的なビジネスの機会創出を図ります。同時に、シルバーエッグ社のアジア地域におけるライセンス事業およびパートナー事業の機会創出を目指します。

■提携の背景

 AI技術をベースとしたマーケティングツール販売で20年にわたる実績を持つシルバーエッグ社は、コアとなる機械学習技術の開発力に加え、商用サービスとしての実装、運用、そして販売に至る、機械学習技術のマネタイゼーションに必要な多くのノウハウを保有しています。シルバーエッグ社は、自社のAIビジネスのノウハウを援用して、Zerothのサポートする多数のAIベンチャーの新技術を日本市場に投入することで、新たなビジネスの機会と利益を創出することができると考え、今回の提携に至りました。

■Zeroth SPCへの投資について

 今回の提携に関するSilver Egg Technology Asia LimitedによるZeroth SPCへの投資の実施については、シルバーエッグ社2019年3月15日開催取締役会にて決議されました。

■Zerothについて

 Zerothは、香港を拠点とするAI(人工知能)分野に特化したスタートアップアクセラレーターです。主にプレシード〜シード期のスタートアップ創業チームに対し投資を行い、約3ヶ月間にわたり多くの人材(経験豊富な起業家を揃えたZerothチーム、投資家およびZerothパートナーによるメンタリング、Zerothが取り組む問題に参加する起業家コミュニティなど)が集中的にメンタリング、サポートを行い、事業の立ち上げを加速させていきます。Zeroth SPCは、SPC(分離ポートフォリオ会社=本社リスク低減のため資産の一部を分離した状態で管理する法人)であり、それを通じてスタートアップへの早期投資を行っています。Venture Classic Limitedは、Zeroth SPCによる運営会社となっています。わずか1年半の間に15カ国から41社以上の企業に投資した実績を持ち、特にHorizons Ventures、Archetype Ventures、REAPRAを筆頭に、多くのトップベンチャーキャピタルから支持を集めています。

  http://zeroth.ai/ 

■シルバーエッグ・テクノロジー株式会社 会社概要

 社名:シルバーエッグ・テクノロジー株式会社

 代表者:代表取締役社長&CEO トーマス・フォーリー

 所在地:

  〈大阪本社〉大阪府吹田市江坂町 1-23-43 ファサード江坂ビル 10F

  〈東京オフィス〉東京都千代田区永田町 2-13-1 オカムラ赤坂ビル 7F

 設立 :1998年8月26日

 資本金:268百万円(2018年2月28日現在)

 事業内容:AI(人工知能)技術をベースにしたデジタルマーケティングサービスの開発・提供

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

ロゴ

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0505295_01.png