NEC、クレジットカードと連動した顔認証決済サービスの実証実験を開始

 

 NECは、生体認証による決済の社会実装に向けた取り組みの一環として、クレジットカードと連動した顔認証決済サービスの実証実験を、NECグループ社員向けの福利厚生施設「NEC芝倶楽部」で本年3月18日(月)から4月19日(金)まで実施します。

 近年、業種・業界の垣根を超えた異業種の機関・企業連携によるFinTech領域の取り組みが活発化する中、利用者の利便性が高いキャッシュレス決済サービスが注目を集めています。

 本実証実験では、NECの生体認証「Bio-IDiom」(注1)の中核技術であり、世界No.1の認証精度(注2)を有する顔認証AIエンジン「NeoFace」(注3)を活用し、NEC芝倶楽部の飲食サービスを利用するNECグループ社員を対象に、手ぶらで代金支払いが可能なキャッシュレス決済の仕組みを提供します。

 今回の顔認証決済サービスは、カメラ機能を搭載するPCやスマートフォン、タブレット端末など用いて、事前に撮影・登録した利用者の顔画像とクレジットカード(注4)の情報をシステム上で関連付けます。飲食代金の支払いの際には、レジカウンターに設置したカメラで撮影する顔画像と事前に登録した顔画像を照合し、本人確認を行います。

 これにより、利用者はクレジットカードの提示や現金を使用することなく、安全性と利便性を兼ね備えた手ぶらでの決済が可能となります。

 ※参考画像(1)は添付の関連資料を参照

 NECは、本実証実験を通じて、不特定多数の人が利用する実店舗における認証性能や運用負荷を評価・検証し、技術性能や運用ノウハウを蓄積することで、利用者の利便性・安全性の向上を実現するとともに、今後も顔認証決済サービスの普及拡大に向けて推進していきます。

 なお、NECは、本実証実験などの成果を活かし、従来から提供している複数の決済サービス事業者との中継・連携を一括して行う決済ソリューション「マルチサービスゲートウェイ」(注5)のオプション機能として、顔認証決済サービスを2019年内に販売開始する予定です。

 ※参考画像(2)は添付の関連資料を参照

 NECグループは、安全・安心・効率・公平という社会価値を創造する「社会ソリューション事業」をグローバルに推進しています。当社は、先進ICTや知見を融合し、人々がより明るく豊かに生きる、効率的で洗練された社会を実現していきます。

以上

 (注1)Bio-IDiom(◇)

  ◇ロゴは添付の関連資料を参照

  「Bio-IDiom(バイオイディオム)」は、顔、虹彩、指紋・掌紋、指静脈、声、耳音響など、NECの生体認証の総称です。世界トップクラスの技術や豊富な実績を活かし、ニーズに合わせて生体認証を使い分け、あるいは組み合わせることで、「誰もが安心してデジタルを活用できる世界」を実現していきます。

  ・NECの生体認証

   https://jpn.nec.com/solution/biometrics/index.html

 (注2)NEC、米国国立標準技術研究所(NIST)の顔認証技術

  ベンチマークテストで4回連続の第1位評価を獲得

   https://jpn.nec.com/press/201703/20170316_01.html

 (注3)顔認証AIエンジン「NeoFace」

  https://jpn.nec.com/solution/face-recognition/

 (注4)利用可能なクレジットカード:VISA、Mastercard

 (注5)国内電子マネー決済サービス/マルチサービスゲートウェイ

  https://jpn.nec.com/e-payment/ic/index.html

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像(1)

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0505273_01.jpg

参考画像(2)

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0505273_02.jpg

ロゴ

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0505273_03.jpg